ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

河と死 (1954)

EL RIO Y LA MUERTE

監督
ルイス・ブニュエル
  • みたいムービー 0
  • みたログ 9

4.75 / 評価:4件

アヤツリ感

  • 文字読み さん
  • 2007年6月27日 0時15分
  • 閲覧数 146
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ふとしたことから殺しあうようになってしまった二つの家。その二つの家に生まれた男二人が最後に和解し、争いを見守ってきた河に一筋の光がきらめくラストシーンは確かに感動的です。分裂したものが一つになる幸福な光。

ところが、起源の殺人、親の代の殺人、現代、と三世代にわたる歴史のなかで、どうにもわからないのは、登場人物はまるで町の「掟」に操られているかのように、いともたやすく殺しあうということです。この人たちには内面がない。そして、その意味では和解さえいともたやすく成り立つ。実際、親の代では、一度成り立った和解は壊れて再び憎しみあうのであり、ラストシーンの和解がどこまで続くのかはあらかじめ保証されないことになっています。

そのように操られる人々を描きながら、すばらしいのは、別の文脈からそのアヤツリが利用されている姿が描かれていることです。起源の殺人では嫉妬だったものが、親の代の殺人には経済的利害と兄弟の愛憎が、現代では知識階級と労働者の対立が、アヤツリを活性化している。ということでルイス・ブニュエル万歳。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ