ここから本文です

眼下の敵 (1957)

THE ENEMY BELOW

監督
ディック・パウエル
  • みたいムービー 81
  • みたログ 463

4.22 / 評価:204件

敵将同士に芽生える尊敬

  • おーちゃん さん
  • 2008年7月22日 0時30分
  • 閲覧数 308
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

アメリカの駆逐艦とドイツのUボートの息詰まる戦い

アメリカの駆逐艦のマレル艦長(ロバート・ミッチャム)
ドイツUボートの艦長フォン・ストルバーグ
共に大胆かつ老練な戦略で敵を仕留めようとするがなかなか決着がつかない
潜水艦物特有の緊張感がビンビン伝わってくる^^

遂に決着が付き向かい合った二人の握手のシーンが良い
長い戦争の間に双方の艦長が互いの力量を認め敬意を込めた挙手
男臭さがプンプン匂ってきます

更に双方の乗組員たちが危険を顧みず二人の艦長を救い出すといったシーンも感動を覚えます

原作はイギリス海軍中佐D・A・レイナーが自らの体験に基づいて書いた小説
元々は俳優だったディック・パウエル監督は、アメリカ側、ドイツ側、どちらにも偏ることなく対等に扱っており、そのフェア精神は見終わった後も清清しさを感じさせてくれます

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ