ここから本文です

眼下の敵 (1957)

THE ENEMY BELOW

監督
ディック・パウエル
  • みたいムービー 79
  • みたログ 459

4.24 / 評価:201件

実写部分は迫力有ります

  • k2b***** さん
  • 2018年1月10日 16時54分
  • 閲覧数 1069
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ずいぶん前に見た時に良かったので、再度見ましたが結果微妙。
(1)映像はカラーですが、爆雷の投下実写部分が良かっただけで他は特筆すべき所有りません。
(2)ストーリーは水中のUボートを追い回す事延々続きます、この先がどうなるかとハラハラさせられましたこの部分が中心の映画です。
(3)艦長二人彼らは、鬼艦長でなく人情面でも優秀で、さすが終戦後の映画と何か感心します。
始めて見た当時は、面白かった様に記憶が有り、名作劇場としてTV放送されているのだと思いますが、今見ると果たして名作に数えられるか微妙です。
もっと古い映画でも、感動できる映画少し有ります某放送局に希望します、現在でも感動薄れない映画の放送を希望します、有料放送なのですから。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ