ここから本文です

眼下の敵 (1957)

THE ENEMY BELOW

監督
ディック・パウエル
  • みたいムービー 77
  • みたログ 452

4.47 / 評価:195件

差し迫る緊張感

  • him***** さん
  • 2016年8月16日 22時14分
  • 閲覧数 1095
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

戦争映画ながら、戦闘よりも会話と緊張感を存分に味わえる作品。
かと言って、戦闘シーンに手抜きは無い。米海軍協力の下、実際の駆逐艦と爆雷を使用した戦闘シーンは圧巻の一言。
ドイツ軍Uボートとイギリス軍駆逐艦の戦いを描いた物語ではあるが、見れば分かるが、この作品に善悪は存在しない。
こんな作品が50年代に作られていたというのも凄いとしか言い様がない。
序盤~中盤の緊張感とスカッとする内容に見て損は無し。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ