ここから本文です

ツイスター (1996)

TWISTER

監督
ヤン・デ・ボン
  • みたいムービー 32
  • みたログ 3,197

3.25 / 評価:580件

“風”に襲われる

  • クロタボ_icf さん
  • 2012年4月3日 23時50分
  • 閲覧数 609
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

本日、現在進行形で関東圏を春の強風が襲ってる状況です。

私も早めに仕事を上げてもらったのだが、時既に遅しで、列車はほとんど運転見合わせで最寄駅までは帰れない。
別ルートで、東西線の東陽町駅までは動いており、なんとかそこまでは辿り着きました。
電車再開を待つ手もあったのだが、ホームは溢れんばかりの人の山。
まぁここからなら家まで約10Kmぐらいだしと、甘い見積で歩いて帰るのを選びました。



察しの良い方なら分かると思いますが、完全に失敗でした。。。

まず隣の南砂町駅までで、傘を早くも2本持ってかれ、全身はビショビショ。

南砂町を過ぎると、荒川にかかる大きな橋があるのですが、ここが最高にやばかった。

大きく真っ暗な荒川はまさに闇そのもので、一歩間違えれば吸い込まれてしまうような恐怖感。

そして橋を渡るものを吹き飛ばしにかかる突風。
右から来たと思ったら左から来る。
その都度、車道に出ないように、または川に落ちないよう踏ん張りながら、一歩ずつ歩いていく。

自分は一般的な男性体系だが、そんな私でも立ってるのがやっとどころか、5回「あっ、死んだ」と本気で思いました。
意外と女性もいましたが、ほとんどの方が座り込んでしまってました。

経験のある方は少ないかもしれませんが、風が強すぎると、呼吸すらもまともに出来ないんですね。


そんな状況でふと思い出したのが本作「ツイスター」。
※前置きが長くてすみません。

こちらは「スピード」の大ヒットで一躍注目の監督となるヤン・デ・ボンと、製作総指揮スティーブン・スピルバーグの組み合わせによる、ディザスタームービー。
※ヤン・デ・ボン監督の、その後が不憫でなりませんが。

当時の牛が飛ばされるCMは今でも覚えています。

主演は結構好みのヘレン・ハントと、最近あんまり観ないビル・パクストン。
ストーリーはなんとなくでしか覚えていないですが、映画を通して“風”の脅威は充分伝わりました。
当時劇場で観ましたので、迫力も充分です。

しかし、やっぱりこれまでたくさんの映画を観ましたが、実際に自分が極限の体験をすると、小便ちびるぐらい怖いものですね。

もちろん映画で登場するのは竜巻なので、正確には異なりますが、今日で“風”の恐怖が身に染みました。

無事に長い荒川を渡りきって、家に着いた時は、ふと生きてて良かったと、心の底から思いました。

また同じような状況になったら…電車再開を待つかな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ