レビュー一覧に戻る
卵の番人

卵の番人

EGGS

86

tak********

3.0

ネタバレほのぼの~和みます

ノルウェーの雪深い森の一軒家に老兄弟は暮らしていた。この二人の平穏で変わり映えしない毎日のそこかしこに漂う充実した幸せに、とても温かい気持ちになりました。ラジオの音楽にあわせて踊ったり、ツリーを飾って正装し二人だけの静かなクリスマスイヴを過ごしたり、来客を何日も前から心待ちにしていたり・・・と、日常のなんてことはない老人たちのスローライフを微笑ましい思いで見つめていました。そんな平凡な毎日が兄の息子によって少しずつ乱されていきます。兄との日課が減り、暇が出来た弟モーは或る夜、身支度をして旅立っていく。なんだか切なくなってしまいました。だけど、旅立つモーの表情からは悲しみよりも、まだ見ぬ新しい世界への希望が見られたから、きっと大丈夫。こんな地味な映画も人間味が溢れていて好きです。

閲覧数428