ここから本文です

最高のルームメイト (1994)

ROOMMATES

監督
ピーター・イエーツ
  • みたいムービー 22
  • みたログ 34

4.18 / 評価:11件

最高のツンデレじじい作品。

  • 弥の明後日 さん
  • 2010年7月14日 21時11分
  • 閲覧数 597
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

両親を失ったマイケルは祖父のロッキーと
生活する事になった。やがてマイケルは
大人になって独立するのだが・・・物語。


内容はファミリーもの。
超王道です。偏屈じいさんと孫の生活を描いたお話。
ストレートでなんの変化球もない予想ができる普通の内容です。
でも・・ワシはこのど真ん中ストレートが大好きなんですよね。


いい映画でした。ちょっとのっぺりはしてますが
凄く丁寧な進み具合だったし、1つ1つのエピソードも
キチンと消化してたしで個人的にとても満足できる作品でした。


この作品の準主役の偏屈じいさんを「刑事コロンボ」で
有名なピーターフォークが熱演してた。
ワシには少しだけコロンボのイメージがあったせいか
あれっこの人こんなんだったけ?と思っちゃうくらい
見事に愛嬌のあるツンデレじじいを披露しておりました。


時計を貰った時のじじい
ダンスを軽快に踊るじじい
ボーリングをするじじい
屁理屈の多いじじいだけど、とても可愛らしかった。
こういうじじいは実際、現実に居たらウザイんだろうなと思いつつも
でも、このじじいからは愛を感じる事が出来た。


何も語らなくとも伝わるシーンと孫を救う言葉を伝える
シーンのバランスも良く、グっとくるものがありました。


後半、うわっこの定番の展開かよって
少し心配しましたが、そのエピソードも丁寧にクリアしてくれましたしね。


孫の彼女と何度かぶつかりあうじじい
孫の孫を抱きしめるじじい・・逃走するじじい
そして・・・・ラストはほんのりと涙が流れてしまった。


定番内容ではあるが、少し淡々としててテンポはちょい遅いので
万人受けするかはわからないけどおじいちゃん子の人、ファミリーもの好きな人
そしてこれから偏屈じじいになるであろう人には特にお薦めしたい作品。
理想ではないが・・・ワシは最高のじじいだと思いました。


世の中にはいろんな家族がいる。
たとえ両親が健在だったとしても、必ずしも円満の家族というわけでないだろうっては思う。
どんなに仲良くたって毎日、顔を会わせていれば相手のイヤな部分が見え始めちゃったりするしね。
だけど・・・・・お互いが相手の事を想いやる気持ち。これだけを常に忘れてなければ
どんなに喧嘩や対立をしようとも、どんな家族の形態であったとしても・・・・
幸せな家庭を築いてるような気がする。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ