怒りのガンマン/銀山の大虐殺

THE BIG SHOWDOWN/IL GRANDE DUELLO

94
怒りのガンマン/銀山の大虐殺
2.9

/ 42

2%
26%
43%
17%
12%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(7件)


  • beautiful_japan_

    3.0

    ネタバレ渋くてスリル感のあるマカロニウエスタン

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • シネマバカ一代。

    3.0

    逃げるときの音楽が好き。

    フィリップがサクソン一家から逃げるときの音楽が好き。 クレイトンが全ての鍵を握るわけだけど、ちょっと間延びした感じがした。ラストまで淡々としてるというか、はよ決着つけようぜ!!となってしまった。ラストも呆気なかったし・・・。

  • ame********

    2.0

    歯で弾を受け止める男

    異常に目つきの悪い元保安官 殺人の賞金首の命を助けて町に帰る 実は真犯人は元保安官自身 殺されたのは銀山の利権を独占しようとした悪玉だったのだ 決着を付けるため牧場で決闘 3対1の息詰まる空気の中 賞金首だった男が元保安官の帽子を撃ち静けさを破る その一瞬で3人を撃って大団円か

  • sin********

    4.0

    悪い奴らですね~。

    なんか迫力がすごい。 間合いがすごいので話のとちゅうから見たがまったく飽きなかった。 ただ問題は、悪党のボス一人が殺されたことが話の中心になっていて、酔いどれの爺さんが撃たれた時も一応は正当防衛だという理屈をつけているのに鉱山へ向かった何台もの馬車に乗った住民が文字どおり皆殺しになってるのにこれが明らかになっても街の反応がなにもないこと。前半の悪の支配者としふしぶながら従う町の住人たちという緊迫感が後半に接続していない。 あれだけの犯罪をしたらもう決闘じゃなくて打ち壊しでしょう。 映画は面白いけどそこだけですね。谷へ向かう人間は皆殺しになっているというホラー的要素もあまり伏線としていかされていない。 放送で見たからだいぶはしょられているのかな。 とにかく不思議な魅力がある作品ですね。

  • gan********

    4.0

    ネタバレざっくりとながれ・かんそう

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dja********

    4.0

    音楽から入ったマカロニ

    とうとう観ましたよ!音楽とリー・ヴァン・クリーフを見るために買ったDVDで。 「キル・ビル」のアニメシーン(ヤクザ松本がルーシー・リューの一家を日本刀でメッタ斬りにする場面)で使われたハーモニカ・女性コーラスの美しく哀愁のこもったメロディを最初から最後まで存分に聴く事ができました!大満足です! リー・ヴァン・クリーフ が保安官か?賞金稼ぎか?流れ者か?ミステリアスな役柄です。黒のハット・黒の三揃えの背広、全身黒で統一してスタイリッシュです。年は取っても正義感に燃えるいぶし銀の魅了がありました。 3000ドルの賞金が懸かった脱獄殺人犯の若者は有罪か無罪か?賞金稼ぎたちから守ってやるリー・ヴァン・クリーフの目的は?本当に悪い奴は?物語もミステリアスです。真相は最後の最後に分かります。 1969年製作という事はコメディに移行する最後のマカロニらしいマカロニですね。 登場人物はロン毛、ロングコートでポンチョのメキシコ野郎はもう出てこない。銃撃も一気に5,6人皆殺しはなく、派手にドンパチやるけどダイナマイトによる爆破、機関銃による皆殺し、宙を飛び空中回転しながら撃つ軽業師みたいな新しい見せ場があります。 まだ残酷描写は容赦なく残っていました。女・少女・老人を皆殺し! 音楽、ミステリアスな展開、リー・ヴァン・クリーフのいぶし銀の魅力、ラストの決闘1対3の超早撃ちが印象に残りました。 驚いたのは、飛んでくる弾をクリーフが歯で受け止めた!(^^) *音楽担当のルイス・パカロフは過去に担当したマカロニ「続・荒野の用心棒」「必殺の用心棒」の音楽を適時挿入しています。

  • スーザン

    3.0

    リー・ヴァン・クリーフ渋っ!

    孤高のガンマンぶりにしびれっぱなし。 悪者三兄弟のキャラがそれぞれ凝っており、ストーリーもミステリー仕立てで面白い。 3対1の決闘シーンも魅せてくれます。 そしてやっぱりマカロニは音楽がいいですねえ。

1 ページ/1 ページ中