レビュー一覧に戻る
怒りのガンマン/銀山の大虐殺

怒りのガンマン/銀山の大虐殺

THE BIG SHOWDOWN/IL GRANDE DUELLO

94

beautiful_japan_

3.0

ネタバレ渋くてスリル感のあるマカロニウエスタン

西部開拓地のサクソンシティーを牛耳っていたサクソンが暗殺される。フィリップ(ピーター・オブライエン)が犯人として裁判にかけられ絞首刑となる。フィリップは逃走し3000ドルの賞金がかけられる。 賞金稼ぎに追いつめられたフィリップを、駅馬車に乗った元保安官クレイトン(リー・ヴァン・クリーフ)が追いかけてくる。フィリップの父親が発見した銀山の場所をフィリップから聞き出そうとするサクソンの息子たちも加わり、複雑な争いが展開される。 ストーリーの進行に従って、意外な真相がわかるなど、サスペンス的な要素もあり面白い。マカロニウエスタンらしい渋さが感じられる。駅馬車の御者を演じるジェス・ハーンなど脇役も味がある。 銀山を目指して移動しはじめていたサクソンシティーの人々をサクソン兄弟が虐殺する場面、クレイトンとサクソン兄弟の決闘シーンがつまらない。この作品の評価を下げている。

閲覧数239