ここから本文です

輝く瞳 (1934)

BRIGHT EYES

監督
デヴィッド・バトラー
  • みたいムービー 1
  • みたログ 5

3.33 / 評価:3件

まるでマンガ、単純に面白い

  • iso***** さん
  • 2020年2月10日 2時15分
  • 閲覧数 91
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

はじまりの30分は「なんだこの学芸会は」の、見るに耐えない「子役がカワイイでしょ」というためだけの映画、と思いきや!
お母さんが亡くなってからは急転直下、この先どうなるの、の、展開にひきこまれる。
面白い映画でした。
単純にテンプルちゃんはひたすら可愛いだけの役であり、いじめる女の子はひたすら憎たらしいだけの役であり。このマンガのような単純さが、半ばからは心地よくすら思えました。
冷静にテンプルちゃんの境遇を思えば可哀想さが過ぎる展開。でもとにかく単純なストーリー運びは見ていてひたすら心地よい。
悪い役の人たちも、ここまで単純だと憎み切れない。役だから悪者なんでしょ。
ラストシーンの、いじめる女の子がビンタされるのも、マンガのようで面白い。
なおDVDで見ましたが、なんとカラー版が入っていて!この映画はカラーの方がいいと思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ