レビュー一覧に戻る
大疑問

大疑問

THE GREAT QUESTION

99

bakeneko

5.0

ネタバレ煌めく田園風景♡

グリフィス&リリアン・ギッシュ&ロバート・ハロントリオの“田園ロマン”3部作の最終作で、グリフィスお得意のモンタージュサスペンスの語り口とリリアン・ギッシュの可憐さ、そして美しいアメリカの農村風景の光と影に酔わされる作品であります。 “死後の世界はあるのか?”そして、“亡くなった人の想いが現世の人を助け導くことが出来るのか?”という―“大疑問:THE GREAT(EST) QUESTION”に対するグリフィスの姿勢を見せている作品で、危機的な状況にある一家に起こった神秘的な出来事をグリフィスタッチで描いています。 「散りゆく花」(1919年)で大成功を収めたグリフィス&リリアン・ギッシュのコンビに依る作品で、前作と同様に、ギッシュ嬢の清純&可憐さとそれに迫る危機を、サスペンス&メロドラマ満載で魅せてくれます。 また、回想や幻想等の心象風景の映像テクニックや、田園地方の自然等の映像美にも酔わされる作品で、神秘的なテーマと相まってロマンチックな映像空間を創り上げています。 そして、当時25歳とは言っても年齢を超越した清淑さを現出しているリリアンは、数奇な運命に翻弄されながらも光り輝いて波乱万丈の物語を照らし出していて、数々の表情と仕草に“可憐な花”を連想させるのであります(特に寝室で着替える際の彼女と人形の描写は“萌え死に”必至であります♡)。 「国民の創生」や「イントレランス」の様なスペクタクルや「散りゆく花」や「嵐の孤児」程のドラマチックな悲劇性はありませんが、グリフィスのテクニックと美学満載の作品で、リリアン・ギッシュが人形と写っている”劇萌えポートレイト”の出所映画であります。 ねたばれ? 1、劇中に登場する犬もいい味出しています♡ 2、こんな時代からセクハラ&ロリコンが有ったんだ!

閲覧数230