ここから本文です

ネクロマンティック2 (1987)

NEKROMANTIK 2

監督
ユルグ・ブットゲライト
  • みたいムービー 7
  • みたログ 42

2.55 / 評価:11件

監督の脳内を覗いているかのような作品

  • ひな さん
  • 2011年2月16日 18時38分
  • 閲覧数 702
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

今度見ようと思ってたのですが、1の熱が冷めないうちに見ようと思いついつい見てしまいました。
どんだけ私暇だったんだ!

相変わらずストーリーがなく、まるで監督の脳内を覗いているかのようなカオスっぷり。
グロ描写は前作よりは少ないですが、1同様グロが苦手な人は絶対見ちゃ駄目ですよ!

OPからいきなり1の切腹シーンから始まります。
2から見たら意味が分からないと思うので、見る際は必ず1から見てみて下さい。

前作で主人公の墓を荒らされる前で終わり、墓を荒らすのは主人公の元カノかと思ったら違う女性でビックリしました。
また、今作の主人公は彼女になります。
前作でも思いましたが、本当に役者もよく引き受けたなぁ~。

さっそく前作の主人公の死体をお持ち帰りし、後日ショベルを担いだ元カノが現れるのですが、第一声が「やられた」って!
お前も狙ってたんかい!
ドイツは死体愛好家多すぎだろw

相変わらず無駄なシーンも多く、特に劇中劇が長すぎです!
前作は殺人鬼系でまだ分かりやすかったので良かったのですが、今作はカップルが全裸で卵を食いながら延々と鳥について語っているというもので、無駄に長くてかなり退屈でした。

ビックリしたのが、今作はラブロマンスも多くこのシーンだけ唯一和みました。
でも、ドイツの観覧車は回転が速く窓がないので絶対に乗りたくないですw

そしてやっぱりあった動物の解体シーン。
前作では兎と猫が犠牲になりましたが、今作はアザラシが犠牲になります。
散々可愛い姿を見せといてこれだよ!
人間なら偽物って分かってるからいいのですが、動物はキツい;
もちろんモザイクもないのでかなり痛々しく生々しい。
それをお菓子を食べながら、まるで恋愛映画を見てるように黙って凝視する女性陣は怖すぎる…。
このアザラシも絶対本物のような気がするんですが、気のせいですよね…?

最後の彼氏の首を切断するシーンは、今作一番の見所ではないでしょうか?
でも、頭を取り替えられたとか、リアルアンパンマン状態で彼氏が哀れだ;
職業があれとはいえ、唯一まともな人間だったのに…。

今作もオチが衝撃的でえええぇぇぇぇ!?(゜Д゜)という感じで予想外でした。
このシリーズって毎回オチは秀逸なんですよね。

シリーズを通して共通してるところは、見た後どっと疲れるところ。
103分とそんなに長くないのに、凄く長かったように感じました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ