ここから本文です

リービング・ラスベガス (1995)

LEAVING LAS VEGAS

監督
マイク・フィギス
  • みたいムービー 165
  • みたログ 1,464

3.62 / 評価:313件

リービング・ラスベガス

  • ei_ji7 さん
  • 2020年5月23日 15時56分
  • 閲覧数 461
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

哀しいまでに、realismを追求した、

二人の「タマスィ」で。ひかれ合った二人の男女の、哀しいまでに、

「純水な。ラブラブstory」。

賤業と、見做されている、comfortwomanと、アルコール中毒で、

死を、望む元売れっ子脚本家。

スランプになり、解雇になり

彼は死に場所を求めて全財産を

酒に使い、果てるまで、飲みつづける。

彼女モマタ、深い孤独の淵にいた。

金は稼げるが、愛のない、パフォーマンスに内心はウンザリ感覚満載な、

彼女に。

主人公は、新鮮に映ったらしい。

タマスィで。ひかれ合った二人に。

余計な言葉はいらなかった。

僕は独りの映画監督ーCannesパルムドール目指した者として、

なぜ?この、退廃的な、かなり映画通な

映画に、内心ー僕の死後、入れてほしい映画は、「リービング・ラスベガス」ちや!と。

エゲレス大女優ーエリザベス・シュー先生演じられてる、「procomfortwoman」たる、「SERA」さんが。

オデキチニハ、「汚れた魂を、丁寧に清潔な、除菌シート」で、

身体を清拭、してくださる、魂の

ナイチンゲール先生!ーcare!の、

「アル中の、主人公の、「どんな名医でも、癒せない傷口」を、SERA姐さん」だけは、

ベンー主人公の、名前。傷口を、私なら、care!担当してもかまわにゅ!よ。


魂を、救い。ずっとソバにいてくださり

最後を見送った。care!ー看護職だった、

前職。理由があって、今の仕事についていて、

複雑な生い立ち。

ベンは、彼女に。別れた妻にはない、安らぎを見いだすーマリア様みたいな、

高い母性愛からくる、柔らかな眼差し薬。

俺は独りの仏教徒ですが。

キリスト教の、Protestant派閥は、

お互いがお互いを愛し合ったならば、

かなりハードなマニアックplayerなることは、かまわにゅ!よ。と、

聖書に書いてあるよ!と、

人の、性欲の哀しみを、寛容なキリスト教の、精神で首肯。

僕はそこに、性の悩みに真摯に向き合った、

性を、真剣に考え抜いたら、この二人のような純水な。ラブラブstoryが、

実話的なドキュメンタリー方式で展開。

僕は、何回も書いてるが、主演女優の、

エリザベス・シュー先生!の、マリア様みたいな、

高い母性愛からくる、柔らかな眼差し薬の、

高い演技力と、映画本編には映ってないが、

カットにはある、ベンとーニコラス先生とエリザベス・シュー先生が、

撮影を、超えて本当にカップル!

なてる、カットシーンがあり。

多分だけど、二人は撮影を、重ねていくうちに、

カップル!だたんじゃないかな?って。

もちろん、現実は、魔法が溶けたら終わり、

エリザベス・シュー先生は、ニコラス先生とわ結婚ならなかった!

あの、映画の、魔法の時間だけ!

許された大人用やねんの、マジック・泡ー!

オデキチニハ、「これは!Cannesパルムドールた!」と、叫びたい!

大人用映画の、ソコジカラ観た、気がしてます。

普通じゃない、二人に用意された、

有り得ない純水な。愛の物語。

エリザベス・シュー先生の、顔が、

last、とても素晴らしい時間だったの。

って真顔で答えるシーンがあり。

僕は、そのカットが!一番エリザベス・シュー先生を美しい横顔を

撮影出来ていて。あの世でも、何十満開も、再生したい!

大ファンなんです!この哀しいまでに、

二人が純水な愛を得た時間の、

哀しいまでに、美しいと、思う、

ラブラブstoryの、展開と、音楽が!

日本では、大女優ー菊川怜さんが、

解説ー女性目線で、語り、評価を言ってくれてます。

淫らな映画な、下品なオスの都合いい、

展開な「欲望の街ーラスベガスちや!」だろ?

か。


欲にまみれたい街の中に、一輪の凛と、咲いた薔薇を愛でた、

アル中雄の、汚れた魂を、救い、care!した、

看取りの、物語ちや!と、

みなすかは。

観たものの、「物語の、捉え方。

魂を、どう、お考えか?と、」、

普段から、神学論策やてる、

牧師や神父様、ボウサマに、見ていただきたい、人間賛歌の映画やたと

思いました!ぼかあーね。

堕落映画ーソドームと、ゴミーラの、

街ーラスベガスちや!と、

みるか?

退廃的ながら、除菌しながら、

丁寧な、careー終末期医療を

真正面から取り上げた深いテーマの映画だたんじゃ?と、

気づくか?

映画は、知性ーインテリジェントを

試してくる。

みなさまは、どう、受け取り、

メッセージを感じましたか?
是非、論議をカフェで、

珈琲飲みながら、出来る、大女優ーエリザベス・シュー先生の、お答えを。

zoomアプリでお聴きしたい、モニョデす!

貴女の大ファンなんです!

聖母マリア様のような、安らぎと、

眼差し薬の、高いホーリーな演技力と、

実力派女性。

素晴らしい芸術作品。ぼくは、ね。

fetishism雄なんで、ガッツリてーまに

ハマりました。VeryVerythankYou.takecare.!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ