ここから本文です

楽園の瑕(きず) (1994)

東邪西毒/ASHES OF TIME

監督
ウォン・カーウァイ
  • みたいムービー 23
  • みたログ 293

3.61 / 評価:57件

映像美はすごいけど…

  • オーウェン さん
  • 2017年6月8日 21時11分
  • 閲覧数 537
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ウォン・カーウァイがそれまでの作風とは打って変わって、武侠映画に挑戦というのが前もっての文句。
しかしカーウァイが描きたかったのは武侠ではなく、剣に携わる者たちのドラマであった。

期待と違うものを見せられたという感覚がついて回るこの映画だが、映像美は流石の一言。
相当こだわりがあって何度も撮影延期したのは納得できる、砂丘の映像なども見事なもの。

レスリー・チャンをはじめ男優女優とも豪華な限りだが、それも剣劇を披露するのはほんの僅か。
これを贅沢とするか無駄遣いとするか。

後発の武侠映画「グランドマスター」は見れる代物だが、見方を間違えないで選ぶ作品といえる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ