キートンのマイホーム
4.4

/ 33

70%
15%
9%
0%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(12件)

楽しい13.6%笑える12.1%コミカル10.6%不思議6.1%スペクタクル6.1%

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレガウデイの建築にこんな家があったなあ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • エル・オレンス

    5.0

    ぶっ飛びアイデア大炸裂の濃ゆーい20分間!

    『セブン・チャンス』(1925)に並ぶキートンの最高傑作です! 『セブン~』が60分近くの尺であるのに対し、こちらはたった20分ほどですが、その短い尺の中で、これほどぶっ飛んだアイデアを濃密に詰め込んだキートンの稀有なる才能にただただ脱帽! 1世紀近く経た今も声に出して笑える映画って凄い・・! 毎度お馴染みのキートンの全身全霊アクロバティック捨て身スタントも大炸裂!w

  • rec********

    5.0

    面白い

    タルコフスキーの映画を最後まで観れなければせめてキートンの短編サイレントを10本キチンと観るべきでしょう

  • mal********

    4.0

    体を張るということはこういうことです。

    日本では「文化生活一週間」のタイトルで知られる1925年に公開されたバスターキートンの短編映画です。 新婚のキートンがマイホームを手作りで建てる様子などが、彼の小気味よいアクションと共に描かれています。 それにしても体を張った彼の演技は、今見てもかなり驚かされますし、それを彼のトレードマークでもある無表情で演じているのがなんとも面白いです。 クライマックスは"トムとジェリー"のような展開&結末になりますが、今のご時世というか、特に日本では到底実現不可能な映像の連続には圧倒されます。 上映時間も約20分。気軽に楽しむには絶好の映画だと思いますよ。

  • 柚子

    5.0

    ああ、夢のマイホーム!

    1920年に、番号順に組み立てれば、素人でも簡単に家が作れるという発想が、凄いと思う 番号順に組み立てられていたら、こんな騒動にはならなかったのだが、そこは、キートン作品! 心無い悪戯によって、番号が変えられてしまったため、奇想天外な家が出来上がる それでも、マイホームは、マイホーム 新婚夫婦は、そのマイホームを守るため必死なのだが、それはそれは滑稽(^-^; 怪我人が出そうなくらい、ギリギリのところで、体を張ってやっている 喜劇は、笑わそうと思ってやっても、笑えない 真面目に真面目にやるから、可笑しさが生まれる

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
キートンのマイホーム

原題
ONE WEEK

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル