ここから本文です

赤ちゃん教育 (1938)

BRINGING UP BABY

監督
ハワード・ホークス
  • みたいムービー 18
  • みたログ 190

3.80 / 評価:66件

腹筋崩壊

  • すかあふえいす さん
  • 2014年4月24日 0時16分
  • 閲覧数 772
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

個人的には「教授と美女」や「ヒズ・ガール・フライデー」の方が良い作品だと思うが・・・こっちも俺は大好きだ。

その前に俺がこの作品に行き着くまでの話をさせてくれ。
どうでもいい?じゃあ飛ばしてくれ。読みたい奴だけ、笑いたい奴だけ笑えばいい。実際そんな感じの楽しい映画だしな。
“一般道路をF1カーで走る”ような映画だもの。グ

もっと解りやすく言えば、カートゥーンのギャグアニメみたいな感じ。

ハワード・ホークスという男にはドッカンドッカン楽しませてもらってきたが・・・正直コメディはちょっと敬遠していた。

“アイツのコメディだけはついていけない”だの“あれを面白がれるのは宇宙人だけ”だの前評判の悪さはかなり耳にしてきた。

しかし、アメリカ本土じゃコメディは元より“三つ数えろ”の評価も8割超えてんだぜ?
ホークスの笑いはアメリカ・・・つまり俺らにとっての“宇宙人”にしか理解できないのか?

いや、俺は不安交じりに期待していた。

その“三つ数えろ”で心底楽しませてもらったからね。受話器のやり取りなんかヤバかったぜ。あの一瞬だけでも腹筋が悲鳴をあげたもんだ。

ホークスの破壊力は、今の時代にこの求められている。
かといって、文字数の制限される字幕なんかじゃ駄目だ。

ホークスの笑い・・・というか、スクリューボール・コメディにしろタランティーノのマシンガントークにしろ、言語で聞かなきゃ真の面白さを理解出来るワケがない。

そんなワケで、俺は頭にあらすじを入れ、原語で聞く事にした。

もう凄かったよ。
“若草物語”で可愛かったキャサリン・ヘップバーンが終始すっとんきょうだわ、逆ストーキングだわ、ペットがチーター?ライオン?の赤ん坊だわ、ケーリー・グラントがネグリジェ(爆)

HAHAHAHAHAHAHAHAHAH!!!!!

HA、HAHAAHH、、ゲホッゲホッ ヴェ

俺の腹筋は木っ端微塵になった。

原語で聞かない奴は絶対損してる。 とにかく、俺は面白かギャハハハハハぎゃああああああっ!!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 絶望的
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ