レビュー一覧に戻る
太陽と月に背いて

太陽と月に背いて

TOTAL ECLIPSE

112

luc********

5.0

ネタバレ史上最強に美しいディカプリオ!

詩人ランボーとヴェルレーヌの愛憎劇。 少年と青年の狭間のディカプリオがとにかく美しく、素晴らしい演技力です。正に鬼才。 ディカプリオ演じるランボーは、粗野で繊維で妖艶な天才詩人。 ランボーのお相手のヴェルレーヌの魅力は全く理解出来ませんでしたが…w 嫁とランボーの間で行ったり来たりして、結局ランボーを選ぶがランボーの才能に嫉妬し破滅する哀れなおじさん…。ただ、ヴェルレーヌの手は物凄く綺麗でした。 全体的にランボーとヴェルレーヌが詩作をするシーンが漠然とし過ぎていて、偉大さが分からなかった。 とにかくディカプリオ演じるランボーが魅力的過ぎて、ヴェルレーヌになりたいと本気で思いました。 駅で電車を待つ姿。 パイプを吸いながらつかつか歩く姿。 初対面のヴェルレーヌへの笑顔。 ヴェルレーヌ家での無礼行動。 屋根から裸でヴェルレーヌに服を投げる所。 詩会で剣を振り回す姿。 ヴェルレーヌに「一緒だよ」と言う笑顔。 愛は存在しないと言いつつ、 ヴェルレーヌに「僕は君が好きだ 僕を愛してる?」と言う所。 「太陽が見たいんだ!」と訴える姿。 日の出や海で無邪気にはしゃぐ姿。 ヴェルレーヌと妻に嫉妬し、電球を剣で破壊する姿。 ヴェルレーヌを罵倒し、逃げる彼に泣きつく姿。 ヴェルレーヌに嫌気が差して「もう別れる!」と言った後の不貞腐れた表情。 全てのシーンが眩しい位に素晴らしい。 不必要と感じた場面は、 ヴェルレーヌの嫁への暴力シーン ヴェルレーヌと嫁の濡れ場 ランボーのアフリカでの最期 上記は無い方が良かった…。 アフリカのシーンは完全に蛇足。 ランボーが旅に出れたのは良かったんですが、もっと違う表現にして欲しかった…。 後、攻めと受けが想定外で笑いました笑 ランボーが若いから仕方ないのかな?笑 しかしながら、 最期の16歳のランボーが笑顔でアブサンを飲むシーンで、蛇足も相殺されます。 本当に切ない。 この2人が愛で結ばれていたのかは分からないですが…愛と言うよりもエゴのぶつかり合い? 一見ヴェルレーヌがランボーに振り回されているかんじがだけど、ランボーもヴェルレーヌに振り回されていた。 ヴェルレーヌが捕まって悲しむランボー…。 ああ、愛していたんだな、と。 詩を書き上げヴェルレーヌの釈放を待ち、やっと再会したら相変わらずクズなヴェルレーヌ。 「僕の肉体と魂どちらを選ぶ?」 あの時、ヴェルレーヌが魂と答えていたら違った未来があったのかな? 嘘でも魂と言って欲しかった。 ディカプリオ主演の有名ハリウッド映画は沢山ありますが、それだけじゃない。 この年齢でしか出来ない素晴らしい配役。 本当に史上最強のディカプリオです。

閲覧数4,297