真実の行方

PRIMAL FEAR

131
真実の行方
4.0

/ 1,197

32%
42%
20%
3%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(279件)

知的22.9%不気味20.7%恐怖16.3%絶望的10.7%切ない7.0%

  • hal********

    4.0

    是非ネタバレ前知識無しで

    私は上記の状態で見て大正解。 面白かった! エドワード・ノートン…恐ろしい子…! リチャード・ギアは当時何歳なんだろ? 欧米っておじさんもモテるよね。

  • tat********

    4.0

    ネタバレ法廷好きにはGood

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hos********

    5.0

    ネタバレいま日本で放送したら問題視されそう

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fiv********

    4.0

    ノートンの演技が凄い!

    日本向けポスターからなんの疑いもなくこの作品の主演は、リチャード・ギアだと思って観賞を終えた。 でも、印象に残るのはこの作品がデビュー作のエドワード・ノートン。 あとで調べたら、やはり主演はノートンだった。 しかし新人でリチャード・ギアを差し置いて主演に抜擢されるだけあり凄い演技だった。 彼でなければ、この作品は成立しない。 内容は、二転三転の最後に大どんでん返しの法廷物でとても面白い。 その他の共演者も超豪華。 ヒロインには、ローラ・リニー。 あと脇役にフランシス・マクドーマンドが起用されている。 でも、二人はブレーク前だから主演のノートン同様この作品をきっかけにスターダムに駆け上がったと言って過言ではない。

  • zer********

    3.0

    どんでん返しの代表作

    と言う触れ込みで見た。 けれど至るまでが長い。 単調だから法廷ものは好きではない。 この年代にしては斬新なオチだったのかもしれないが、 今ではそんなか?くらいだし、 妙なリチャードギアの色男感も鬱陶しい。 自分がいつくらいに見たとか 何歳くらいに見たとかも驚きには関係あるのだろう。 やはりすべてが吹っ飛ぶソウのラストほどは驚かない。 期待したけどハードル上げすぎた。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ゴールデン・グローブ第54回

助演男優賞

LA批評家協会賞第22回

助演男優賞

基本情報


タイトル
真実の行方

原題
PRIMAL FEAR

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-