ここから本文です

ファーゴ (1996)

FARGO

監督
ジョエル・コーエン
  • みたいムービー 440
  • みたログ 4,358

3.71 / 評価:1575件

偽装誘拐のはずが人死にまくりの事件

  • izq******** さん
  • 2020年3月15日 17時19分
  • 閲覧数 148
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

なんだか馬鹿ばっかで、身内から金を巻き上げる偽装誘拐のはずが、人死にまくりという面白いといえば面白いが色々お粗末な事件の話し。アカデミー賞の脚本賞をとってるようだ。まぁうまいことお粗末な事件を仕上げてるといった感じかな。
ウィリアム・H・メイシーの口先だけの営業マン役が、まぁいい感じにムカつく演技だった。

車販売店のジェリー・ランディガードは借金返済のため、妻ジーンの金持ち親父から、金を巻き上げようと、妻の偽装誘拐を目論む。
誘拐のため雇ったチンピラ二人組のカールとグリムスラッドは、計画通りジーンを誘拐。車で連れ去る途中でパトカーに止められ、グリムスラッドはその警官を射殺。続けてそこにたまたま通りがかったカップルの車をグリムスラッドは追いかけ、カップル二人とも射殺。いきなり無茶苦茶。
ジェリーはジーンの父親を説得して金を用意してもらうが、ジェリーを信用してないその親父は金の引き渡し場所の駐車場に一人で向かう。これも無謀過ぎ。ジェリーが来ると思ってた小悪党カールは話しが違うとブチ切れジーンの親父を射殺して金を奪う。駐車場のゲートの職員もこのとき殺されてしまう。
身代金全部をグリムスラッドと山分けするのを惜しんだカールは、一部だけ懐に入れて大金入ったかばんを雪原に一旦隠す。
そして隠れ家に帰ったら、人質ジーンはグリムスラッドに殺されており、カールは持ち金を半分渡してずらかろうとしたところを、車を譲らないカールにブチ切れたグリムスラッドはカールを殺害。
最初の警官とカップルの殺害事件から捜査をしていた女性妊婦警官マージは、逃走車両を山小屋で発見。小屋に近付くと、そこでグリムスラッドがカールの死体を粉砕機みたいなもので粉々にしているところであり、見事に妊婦警官がグリムスラッドを逮捕。
そして一連の偽装誘拐の首謀者ジェリーも逮捕されて終幕。合計7人もの死亡者が出る事件であった。
女性警官マージを妊婦設定にしてるのが何故なのかがよくわからなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ