レビュー一覧に戻る
ファーゴ

ファーゴ

FARGO

R15+98

kt7********

4.0

噛み合わずに狂いが生じた歯車は、何処までも狂い続けて行く

狂言誘拐を画策する旦那とその家族、義理の父との関係、実行犯の二人組も冒頭からうまく噛み合っているとは言えず、最悪の状況へと突き進んでゆく。 事件を捜査する女性警察官のみが上手く噛み合い、小さな幸せを噛み締める。 ・重い雰囲気の中に、所々クスッと笑える箇所があり重く成りすぎない。 ・何処かのんびりとした会話は舞台となる地域の鈍りらしいが、日本人にはわからないなぁ。

閲覧数4,177