レビュー一覧に戻る
エスケープ・フロム・L.A.

エスケープ・フロム・L.A.

ESCAPE FROM L.A./JOHN CARPENTER'S ESCAPE FROM L.A.

101

カーティス

3.0

渋いバカ映画からただのバカ映画に

『ニューヨーク1997』の続編兼リメイク兼パロディのような作品。ストーリーは前作とほぼ同じなのですが、予算が格段に増えていて、やることなすこと派手になっています。それに伴いおバカ度とギャグ度も大幅アップ。個人的には『ダークスター』を彷彿させるサーフィンシーンがお気に入り。 その反面、キャラの魅力は大幅にダウンしています。スネークのかっこよさは前作通りですが、それ以外の登場人物の魅力が薄い。大統領役も悪役も前作を超えることができていないと思いました。唯一良かったのはピーター・フォンダ演じるサーファー。ただ、登場する時間が短いのが残念でした。 前作はバカ映画ながら渋くて悲しげなムードがあって、個人的にそこが好きだったのですが、本作は派手で楽しい典型的なバカ映画という感じになってしまったのが残念です。そこそこ楽しめはするのですが、前作のようにのめりこむことはなかったですね。内容は2作ともほぼ同じなので、好みの問題かもしれませんが。

閲覧数1,883