ここから本文です

沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇 (1995)

LA CEREMONIE/A JUDGMENT IN STONE

監督
クロード・シャブロル
  • みたいムービー 8
  • みたログ 91

3.48 / 評価:25件

ルースレンデルの問題作の映画化

  • sta******** さん
  • 2017年9月25日 9時36分
  • 閲覧数 665
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

昔、原作を読んで衝撃を受けた。
実は映画化されていたことを知ってAmazonでレンタル購入。
田舎の景色や邸宅の雰囲気がよく、出演者も魅力的だった。
原作では貧しくて教育を受けられず文盲となった主人公が、識字障害という設定に変わっていたため、階級社会の重石に押し潰される主人公の悲しさが少し伝わりにくかったかも。
1990年代の出来事だからイギリスでもフランスでも成り立ちうる話だが、携帯の普及した現代では難しいかな。
格差社会で教育格差も拡大している今の日本でも置き換えて話にできそうな気もする。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ