ジングル・オール・ザ・ウェイ
3.6

/ 394

18%
36%
34%
10%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(47件)

笑える25.2%楽しい22.6%コミカル13.9%かっこいい7.0%泣ける7.0%

  • 私はだあれ?

    2.0

    今の時代にそぐわないかな。

    純粋にコメディとして観ると、頭を空っぽにすればそれなりには楽しめる。 しかし、シュワちゃん演じる父親の無責任過ぎる行動が目に余り正直純粋には楽しめない。 子供の空手教室に間に合わない。 奥さんに2週間も前に頼まれていたクリスマスプレゼントを買い忘れて嘘をつく。 オープン前のおもちゃ屋の列に普通に割り込みする。 手に入らない人形を隣人宅に盗みに入り、火事騒ぎをおこす。 いち社会人として、旦那として、父親としてどうなの? 何でもありの当時なら楽しめた作品だが、現代向きではないかな。 エンドロール後にオマケ映像があるので、お見逃しなく!

  • エル・オレンス

    3.0

    クリス・コロンバス風コメディ。

    クリス・コロンバスのコメディものをかなり彷彿させる作風です。 全体的にドタバタし過ぎて脚本の粗さが目立つものの、父親が息子のためにがむしゃらに奮闘する姿は憎めない愛らしさがあるし、ラストのヒーロー展開で見られる父子愛は胸にググッと来ます。 シュワちゃん、若い頃にこういうホームコメディにもっと出て欲しかったなぁと思ったり。 家族団らんで安心して楽しめるホームコメディですね。 本作の3年後に『スター・ウォーズEP1』(1999)のアナキン少年役で世界的に有名になる前のジェイク・ロイドの可愛い演技も見所。

  • uso********

    2.0

    どこにでもあるクリスマスのドタバタ

    シュワルツェネッガー人気にあやかって、勢いで製作されたような一本。彼が主演なら、ある程度の動員が期待できるし、『ツインズ』や、『キンダガートン・コップ』でも堅実に役者のスキルを積み上げていったシュワちゃんが、アクションだけじゃなく、人間味あふれる父親像を演じて、共感を得たコメディ。 ストーリーは本当によく聞くような、クリスマスに子供の欲しがるおもちゃを手に入れる苦労をこれでもかというほど大げさに誇張したドタバタで、まあ安心して見ていられる。そして毒にも薬にもならない。

  • hik********

    5.0

    ネタバレ親の愛は金では買えない。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ang********

    3.0

    ネタバレ面白いと言えば面白いが・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ジングル・オール・ザ・ウェイ

原題
JINGLE ALL THE WAY

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-