フェティッシュ
3.7

/ 96

27%
35%
26%
6%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(27件)


  • あき

    3.0

    犯罪フェチ?血のりフェチ?

    実録犯罪モノを好む私としては、このヒロインの気持ちは少しわかる。でもここまで夢中にならないからど真ん中ってわけでもないのよね。割とシンプルで楽しいお話しでした。

  • hap********

    4.0

    タランティーノのフェチズム

    フェティッシュだったー。 何よりダンスシーンが長いのだが、 気になる気になるを最後にちゃんと解決。 善悪やらそーゆーのはブラックコメディで許して、、、 タランティーノの作品の中で1番好き 女優がよきよき

  • dkf********

    4.0

    最高のブラックユーモアが光る!

    最高のブラックユーモアが光るブラックコメディの傑作。血なまぐさいプロットのようでいて、実は過度の猟奇的シーンなどはなく、全編明るいラテンのリズムで妙に場を和ませてくれるから、最後までニヤついて観れてしまう。この只ならぬセンスはタランティーノが監督以外に関わったものの中では一番かも?タランティーノが絶賛したのも納得だ。 主演のアンジェラ・ジョーンズはもっとブレイクしてもよかった逸材。本作以降、全く名前を聞かなくなってしまったのは残念。この監督にしても、タランティーノに才能を見出されながら、本当のこの1本だけ撮って消えてしまった。 単館系のマイナー作品だし、万人受けはしないだろうが、それだけに知っている一部の人だけが「得した気分になれる」ような愛すべき作品。 エンドロールが終わった後も一芝居あるので、見落とさないように!

  • yay********

    4.0

    センスあるわ~ おもしろいわ~

    解説にもあるけど、殺人事件に異常な興味を持つラテン系黒髪美人ってところで、すでに奇妙で怖くて、笑えてくる(ホラー・コメディだからね)。 とりあえず、ブラックユーモアたっぷりのストーリー展開と、映画全体のエキセントリックさとが、絶妙に楽しい映画。 全編に流れるBGMもスリラーにはミスマッチな超お気楽ラテン音楽ってのもいい。そのラテンのリズムに乗った主人公のガブリエラと殺人鬼とのイカれたダンスシーンの可笑しさは強烈。この可笑しさを表現する、主人公2人の怪演も素晴らしい。 タランティーノ製作総指揮というのが、やはりスパイスとなってるのでしょうね~。サントラもガンズのスラッシュが参加していたり、かっこいいラテン・アルバムになってて、センスあるわ~。

  • nob********

    3.0

    ブラックだねぇ~

    まぁ、そういう映画だから当たり前なんだけど(≧∇≦)bww でも、やっぱり随所にタランティーノ節が散りばめられて面白かった!!(*´∀`*) ウィリアム・ボールドウィンのキャラが好きだったかも!(*´∀`*)

  • god********

    4.0

    タランティーノぽい

    内容とあんまり関係ないですが、途中テレビにフロムタスクティルドーンのジョージクルーニーとタランティーノの二人が映るので 知ってる人は嬉しい演出だと思います。

  • ryo********

    5.0

    ネタバレ映画史上最高の笑顔

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nam********

    4.0

    傑作!!

    内容はタランティーノワールドのなかでも変わっているのですが、この世界観がたまらないです。 殺人事件マニアのガブリエラ役にはパルブフィクションでのタクシー運転手役としても出ています。こんなことを気にしてみてみるとこの映画もとても面白くなります。かなり怪しげな役のできるすばらしい演技です。 この映画で使われている曲もとてもよくて内容はすごいブラックなのですが、気持ちのよい笑いと世界観に引き込まれていく要素が盛りだくさんです。 最高のブラックコメディーだと思います。 ガブリエラの笑顔はたまらないです(笑)

  • ゅぃちん♪

    5.0

    ガブリエラかわいい!

    アンジェラ・ジョーンズがかわいくて魅力的です。切った首がしゃべったときの喜びは極上。この後彼女は、この快感が忘れられずにまた首を切るのでしょうか? 殺人事件を扱ってるのに恐怖感というより、ワクワクするのは、さすがタラちゃん! 犯行現場の清掃ってなんか面白そう、ダ○キンとかでもやってるのかな?

  • shi********

    5.0

    ネタバレタランティーノらしさを味わえる映画♪

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • est********

    5.0

    ネタバレロマンティックで官能的!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ton********

    5.0

    探求心に導かれた危険な関係

    世の中には 分からない事とか知りたい事とかがたくさんあるよね この映画は”殺人”というものに 異常なほど興味を持ってしまった ガブリエラという女性の話 子供の時、初めて死んだ人を観た時から 彼女には殺人への興味が芽生える そんな彼女が夢中になっているのは ブルー・ブラッド・キラーという異常殺人鬼 彼女は殺人への好奇心から 死体現場の掃除の仕事を始める そんな折、運命のいたずらによって 彼女はブルー・ブラッド・キラーと出会うことになる・・・ タラちゃんが発掘した 映画監督の作品だけあって 相当悪趣味な作品 しかし、センスとテンポの良さと 軽い雰囲気漂う映画なため 独特なブラックユーモアを楽しめる内容になっている 特に殺人鬼とガブリエラが出会ってからのシーンは必見だ 危険で、脆くて、官能的な非常に珍しい形のラブシーンがある この映画を見て、思ったことは 人間の好奇心って怖いな~ってことだ 主人公のガブリエラも、殺人鬼も 殺人に異常な興味を持っているだけで あとは普通の人 当たり前のようなことに喜び 当たり前のような人生を送っている しかし、殺人への興味という一点において 彼らは異端なのである しかし正直言って 私も彼らと大差ない気がする 私も殺人をする人の気持ち そしてそれを受ける者の気持ちというものを知ってみたいからだ 人間の心理というものを知ってみたい 人間の極限というものを知ってみたい なんでもかんでも知ってみたい だから私は実際に体験しなくても そういう気持ちを多少は知ることができる 映画とか本とかが好きだ しかし肝心なのは その好奇心で得たものを 自分でどのように扱うかなのだろうな 好奇心ってものは 人間にとって一番大切なものだと思う けれども、それを取り違えると取り返しのつかないことになる 話が映画と離れてしまったが この映画の殺人鬼とガブリエラを観ていてそう思った おしゃれで、狂っていて それでいてちょっとロマンチック タラちゃん好き(特にフロム・ダスク・ティル・ドーン鑑賞者)は必見の映画です 間違っても、道徳的な人が見てはいけない映画です

  • meg********

    4.0

    クレイジー女の探究心

    以前テレビで殺人現場専門の清掃会社が特集されていたのを見たことがある。 血痕が残る現場は…強烈だった。 世の中にはいろんな仕事があるんだな、 この仕事だけは絶対やりたくねえや、と顔をしかめた。 ガブリエラは幼少の頃、殺人事件を目撃した。 そのことがきっかけで彼女は殺人マニアになる。 事件の新聞記事をスクラップブックに貼ったり、 床にテープを貼り、死体の位置を示すアウトラインを再現したりする。 どのように逃げ、どのように殺されたか? 彼女は事件をあれこれ想像する変態女。 クレイジーですよ。 世の中にはいろんなマニアがいますから、殺人マニアもいるだろうな。 推理小説が好きな人ってトリックや犯人探しを楽しみ、 ホラーやサスペンス映画が好きな人って、恐怖や事件の謎を楽しむでしょ。 興味の対象が全然違いますが、ある意味「殺人マニア」とも言える。 ガブリエラとは遠く離れているが、交わる可能性がある距離だと思うんです。 趣味の対象を何に向けるか? 読書や映画鑑賞に向かい、そこに留まって落ち着く大半の人はラッキーなんです。 「正常」と「異常」の臨界点を超えちゃった人は悲惨ですよ。 ガブリエラは殺人事件現場の清掃会社に就職。 連続殺人事件の現場を志願する。そこで重要な証拠を発見するガブリエラ。 犯人は証拠の隠蔽をはかろうとし、二人は現場で出会ってしまう。 デート中突然、事件現場に男を連れていく女は異常だが、 ついていき中に入る男はバカですよ。 ガブリエラの探究心はいつ消えるのか? 「首は何かをしゃべる」 それが分かるまで彼女は止まらないんだろう。 包丁を握り想像する彼女の再現ダンスは…引きました。 そもそもオープニングから惨劇をユーモアに描いちゃってるから、 このブラックジョークに呆れながらも付き合うしかない。 なんてたって見所は、二人の異常な会話なんです。 目の前に犯人がいる危機感や恐怖より、 事件への好奇心が強いガブリエラ。 自分を理解してくれる女に喜びを感じる犯人。 二人の変態再現劇である。 彼女の手から犯人へと移る包丁。 「お前が醤油持ってたのか、ちょっと貸して」 「あ、うん」 そんな感じで、あっさり犯人に包丁を渡しやがった。 わりと、あっさりしたラスト。 エンドロール後にあった映像… ああ…お前はクレイジーだよ。 ニュースで銀行ギャング二人がテレビに映し出された映像なんだけど、 タラの隣の男が、ジョージ・クルーニーにすごく似ている…。

  • bab********

    4.0

    狂気な探究心・・・それでも美しい

    私がここに書く時点で14件のレビューが既にありました。 全て拝見させて頂いてからの投稿です。 その中で特に共感を感じた 表現は「落語の様」だと言う事です。 ブラックコメディーとYAHOOの解説・あらすじにありますが むしろ、落語的です。 これも、日本通なタランティーノの独特な感性かも知れないですね。 テレビドラマ「タイガー&ドラゴン」が好きな方なら この表現も納得できるのではないでしょうか? まず、タランティーノが関わった映画の中では群を抜く 映像の美しい映画だと思いました。 静的な映像と動的な映像を上手くリズム良く展開され その事で、主人公ガブリエラの美しさが引き立ち 重い内容にも関わらず 美しさを感じる物になったのだと思います。 オープニング(ここの映像も綺麗です。) 幼少期のガブリエラ。 高所から落ちてきて地面に横たわる大人。 人だかりができ、大人達が散り。 布が掛けられた遺体。 そこに吸い寄せられ近付く可愛くも美しい少女ガブリエラ。 そして、少女の手はその布を・・・。 これが、ガブリエラの興味の始まりだった。 年頃のガブリエラ。 (生活空間、洋服、髪型など。美しく融け込む映像です。) 新聞の殺人事件の記事を探し出してスクラップを 殺人事件への興味が一層増していた。 特にその興味は 連続殺人鬼“ブルー・ブラッド・キラー”に。 それと、ホラー映画で見た 「切り落とされた首が身体から離れてもしゃべる」 この事を信じる様になっていた。 一方。 連続殺人鬼“ブルー・ブラッド・キラー” 彼も、死んでいく一瞬の美しさ儚さの虜となっていた。 ガブリエラが、殺人現場専門の清掃会社で働く事で ブルー・ブラッド・キラーへと近付いて行く事に。 ついに、彼の殺人現場の清掃を担当する事に。 私自信も自殺未遂現場で救護した際に 血の充満する車の臭いを経験した事があるが耐えがたいものです。 そんな気配すらなく、むしろ歓喜しているガブリエラ。 その興味や行動は 興味本位というよりも刑事や探偵を連想させられました。 その時の彼女の行動は。 血液の跡。ナイフの傷。 死体発見場所。 これらを見ながら、実際に起きた様子を再現して動くのです。 ですが、ここが見所!! その再現した動きは、ラテンの音楽に合わせ 美しく舞うのです。 その音と動きに魅せられました。 ここから先はクライマックスへと。 落語で言う落ちへと、つながる部分。 それを書いたら 原題「CURDLED」から離れ話が凝固しなくなります。 ここに集まってる皆さんも きっと「フェティッシュ」ですね。 映画の。 方向は様々でしょうけれど。

  • zun********

    4.0

    殺人現場フェチ

    殺人事件フェチのガブリエラは、切断された首が最後に何かをしゃべると信じ込んでいる。そんな彼女は天職とも言える殺人現場清掃の仕事をゲットする。 そこからは、さすがタランティーノ製作総指揮による作品と言うべき展開。思わず笑ってしまった。それは観てのお楽しみ。

  • 一人旅

    4.0

    最高・・・!

    主人公は殺人に対して異常な程の好奇心を持つ女。 すごく軽快な作品です。音楽も楽しいです。 エンドロールの後にも続きがあります。

  • bb3********

    4.0

    天然女 VS 連続殺人鬼

    制作総指揮Q・タランティーノってクレジットされてるけど 多分名前だけでこの映画には深くかかわってないような気がしますが この映画の主演の女の子かわいすぎ!! まさに純粋で好奇心旺盛な子供みたいな女の子! ただその興味を持ってるものが殺人事件! まさに殺人現場を見る事が大・大・大~好きな殺人現場フェチ女 そして殺人を犯すことが大・大・大~好きな殺人フェチ男 この二人の物語なのですが主演の女子が天然すぎてある意味無敵ッ!! その強さがある意味爽快で気持ちよかったです!! さらに見る人によっては究極の恋愛映画かも知れませんが、(それはちょっと考え過ぎ?) まぁもし恋愛映画として考えたら 究極の形でガブリエラが相手の男を振りますけどね(怖)

  • man********

    5.0

    異常心理学入門編

    クエンティー・タランティーノ製作総指揮だと、どうしてこんなに良いの~? 何しろ雰囲気に魅了されっぱなしです 異様で、素敵で、おしゃれで、納得、納得

  • mil********

    4.0

    ふふ・・

    タランティーノさんの匂いがプンプン漂うブラックストーリー大展開 という作品。

  • tom********

    5.0

    すきです

    こういうのすきです

1 ページ/2 ページ中