ここから本文です

フェティッシュ (1996)

CURDLED

監督
レブ・ブラドック
  • みたいムービー 65
  • みたログ 386

3.72 / 評価:96件

あらすじが・・・

  • neo_rasputin さん
  • 2012年2月15日 6時50分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

若かりし頃、見た記憶があれど、既に、内容については忘却の彼方へ行ってしまったので、今回、廉価版DVDが発売されたので、購入、観賞。

パッケージなどに”あらすじ”の様なものが記載されているが、内容に齟齬があると思う(製作者の意図を文面にしたとしても、私には伝わらなかった)。

確かに、クエンティン・タランティーノ監督絡みのブラック・コメディには違わないが、前述のあらすじの様なロマンティックな要素は、ほぼない。主人公の女性は、確かに殺人マニアの様にも見えるが、殺す事ではなく、死ぬ事や死ぬ過程、乃至殺される過程にこだわる検死マニア、推理マニアという感じ。最終的に、その好奇心が度を外し、行くとこまでいってしまうが、それまでは、殺人者へのあこがれというよりは、プロファイラーに近い行動をしている。実際、殺人鬼に出会っても、喜ぶどころか、普通に怖がっている。シリアスなストーリーではないが、変な誤解を抱いてみると、面白くないだろう。単純なブラック・コメディとしてみれば、悪くとも、暇つぶし程度にはなる。

あまり内容には関係ないが、”タランティーノ監督”、”ジョージ・クルーニ”、”ケリー・プレンストン”がカメオ出演している事の方が驚いた。特に、”ケリー・プレンストン”に至っては、カメオ出演というより、ちょっとした脇役くらいに長々と出演していた。当時は、全く、気がつかず。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ゴージャス
  • 不気味
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ