帰郷

COMING HOME

127
帰郷
3.9

/ 67

36%
37%
18%
3%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(21件)

切ない25.0%悲しい15.0%ロマンチック15.0%絶望的12.5%泣ける7.5%

  • エル・オレンス

    4.0

    ネタバレ当時の米国が強く反映された典型の1本

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aki********

    5.0

    ◎最高のBGMに彩られた反戦映画の傑作!

    ハル・アシュビー監督の代表作。 映画小僧だった自分が、中3か高1の頃に封切りされ、いそいそと地方の劇場でみたことを思い出す。 あれから、はや40年強が経過……  当時はまだ男の女の割りない仲が分かるはずもなくイマイチの所感。前半はいいのに、後半は男女の関係がだ〜らだらだなぁ、と感じてしまった。 が、年月を経て改めて見るとそこらへんがよ〜く分かるワカル、そんな年代に。 ラストのジョン・ボイトが高校生に語るシーンは、アルパチーノの『セント・オブ・ウーマン』を彷彿とさせる。 ブルース・ダーンの入水場面、 ジェーン・フォンダとボイトのベッドシーン、 冒頭のビリヤード場面でベトナムを総括したシーン、 新兵訓練所にバリゲードをはるシーン、 ヴァイの弟が空気注射して自殺するシーン、 などなど忘れられない。 1970年代半ばから、いわゆる女性映画というジャンルが確立したが、例えば、ジュリア、愛と喝采の日々、結婚しない女など。本作もジェーン・フォンダ扮する将校夫人の人間的な成長物語と見ることもできる。 封切り時は★3だったが、いま見ると文句なしの★5評価。 一番の悲劇はブルース・ダーンだな、シミジミ……。

  • fra********

    1.0

    妻の浮気は許されたの?

    恐ろしく高評価なのでビックリ。ジェーンフォンダは当時進歩的女優の代表格で反戦運動なども積極的だったからそのイメージ通りの役柄がなんだろう。ベトナム帰還兵の苦悩はいいんだけど、ヒロインがあまりに尻軽すぎないか?反戦テーマの前にはそんなことどうでもいいってか。 しかし前線で死ぬ思いで戦ってきてようやく帰還したら妻は浮気していて、おまけにそれを軍の上層部に知らされてホントに立場ないよなぁ。それなのに浮気妻は平然と、あなたを愛してるの、寂しかっただけなんて言うし、浮気相手の男に冷静になれと慰められる始末。こんなヒロインにどう共感していいのやら。 この当時はベトナム反戦すら掲げてればなんでも良かったのか。オスカー取ってるし。同じベトナム帰還兵物でもディアハンターなんかに比べたら底が浅いな。音楽もうるさい。全然いいと思わない。

  • ech********

    4.0

    反戦映画です

    ポスターと題名からチャラいよろめきかと思いきや、真面目なベトナム反戦映画でなかなか良かったです。フォンダ君もボイト君も難しい役を熱演でなくサラリと演じて二人揃ってオスカー獲得はご同慶。 ベトナム終結から3年後、まだまだ戦争の記憶生々しく、ディア・ハンターとは別の方向の反戦映画ですが、セリフがストレート過ぎるのとラストが教科書的なのでもう少し婉曲に表現したほうがジワリとメッセージが伝わるのでは? でも、あの当時のアメリカ人にはこれでいいのかもしれませんね。とにかくベトナムは部外者の日本人がとやかく評価するのは控えます。

  • ffg********

    4.0

    秀作

    ハル・アシュビー監督、ジェーン・フォンダ、ジョン・ボイト主演の「帰郷 (1978)」 ベトナム戦争を背景に一人の女性が人間として、女として目覚め成長していく姿が印象的。 海兵隊大尉の夫ボブをベトナムに送り、基地内の病院でボランティアをするサリー(J・フォンダ)。そこにはベトナムで下半身不随となったかつてのクラスメイトのルーク(J・ボイト)が収容されていた。ひねくれてたルークの気持もサリーの献身的な看護に次第にほぐれ、愛が芽生えていく。そこに、戦争の悲惨さに疲れ傷ついたボブが帰還する… 反戦色の強い異質のラブストーリー。J・フォンダがリアリティある演技で素晴らしい。魅力的です。 全編に流れるロックの名曲が哀愁を誘う。 ローリング・ストーンズの「OUT OF TIME」が意味深長。 https://m.youtube.com/watch?v=yFe78Cm0YCE

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第51回

主演男優賞主演女優賞脚本賞

LA批評家協会賞第4回

作品賞男優賞女優賞

NY批評家協会賞第44回

男優賞

ゴールデン・グローブ第36回

男優賞(ドラマ)女優賞(ドラマ)

カンヌ国際映画祭第31回

男優賞

基本情報


タイトル
帰郷

原題
COMING HOME

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル