紀元前百万年

ONE MILLION B.C.

80
紀元前百万年
3.2

/ 5

20%
20%
40%
0%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)

勇敢12.5%スペクタクル12.5%セクシー8.3%パニック8.3%ファンタジー8.3%

  • カーティス

    3.0

    MVPはトカゲ

    ラクエル・ウェルチ主演の「恐竜100万年」のリメイク元。あちらが恐竜と半裸の美女を全面に押し出した、男性の欲望に忠実な内容であったのに対し、こちらは至って健全なホームドラマ。その棘のなさがやや物足りないのですが、台詞一切なしのストーリーは本作の方がわかりやすかったかな。スタッフの多くが無声映画を経験しているだけあって、その辺はうまいなと思いました。 見どころはトカゲたちの熱演!本作の恐竜はイグアナやアルマジロといった爬虫類を恐竜に見立てたいわゆる「トカゲ特撮」(一応、着ぐるみのティラノサウルスや象に毛皮を被せたマンモスも出てきますが)。図鑑に載っているようなデザインでは当然ないので、お世辞にもリアリティは感じません。 ですが、本物の生き物を使っているからこその迫力と言いますか、生々しい動作・俊敏さがあり、けっこう見応えがあるのです。本作は数あるトカゲ特撮のなかでもかなり力が入っていて、とくに恐竜同士の戦いのシーンでは両者互いに組み付きあってデスロールをする等、トカゲたちがかなりアクティブに動いてくれます。体を張った熱演! 本作のMVPは間違いなくこのトカゲたちでしょう。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレわー!こいつら本気だ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • osu********

    3.0

    「本気」の意味がよく分かりました。

    レンタルショップのSFコーナーに未公開ものの中に 前述の「最後の海底巨獣」の他にもこれがありました。 「紀元前一万年」は目立つとこに10本くらいありましたが、 こちらは1本のみ・・当然でしょうけど・・・ とにかく、迷うことなく借りました。 で、レビューはと見る前に検索しました。 どうせないだろうと思ってましたが、 1件ありましたぁ。しかもお気に入りレビュアーの bakenekoさんのです。さすがですね。 作品鑑賞後、あらためて読ませてもらいましたが、 大納得です。この作品を見たい方、見た方は ぜひ読むべきレビューだと思います。 で、ここは、私なりの感想というか 観ていて思ったことを書きます。 今作は本物を使っての特撮で、 過去に観た作品にもこの手のものは ありましたが、そのころ私は、着ぐるみか コマ撮りの怪物じゃないとだめだ、 本物はしょうもないと思ってました。 しかしCG全盛の今見ると、CGを見慣れた為か 本物のリアル感が新鮮にみえ、 これ精度の高いCGか?と錯覚させられる? ちょっとオーバーですが、そう思ったのです。 着ぐるみやコマ撮りがダサいと思ってる今どきの方? なんかが見ると(まさか本物を使う手法があるとは 思ってもいないだろうから)昔のCGもリアルだな。 と思っちゃうんじゃないか? なんていうバカなことまで見てて思いました。 いや、何も知らない年寄りの方が CG映像を本物と間違われることがあるように これも、ありうることかもしれませんよ。 それで作品としては上記のようなことを 思いながら、余裕をもってのんびり 見ていられるということで、 特撮以外は可もなし不可もなし ☆は3つ半にとどめておきます。 歴史的価値は充分あると思います。 で、余談ですが、 日本の場合、怪獣は着ぐるみ中心で 本物を使っての特撮ものとして 大映が「ガメラ」以前に企画した 「大群獣ネズラ」というのがありますが、 撮影中に大量のダニが発生し 中止になったという話。 特撮ファンには有名な話ですね。 残念でチュウね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
紀元前百万年

原題
ONE MILLION B.C.

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-