危険な遊び

THE GOOD SON

87
危険な遊び
3.5

/ 164

16%
36%
34%
12%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(45件)

恐怖25.0%不気味20.0%切ない10.8%悲しい10.0%勇敢8.3%

  • oce********

    3.0

    2大子役スター

    公開当時は明らかにマコーレー・カルキンがスターだったが、その危険に誘われる側がイライジャ・ウッドであったのには驚く。 銃を出して犬を殺したりなど、次第に思想がヤバ目になっていくカルキン。 遂には自分の家族にまで手を出そうとし、それを防ごうとするイライジャという構図。 「ホームアローン」で純粋無垢な子供だったのが、サイコパスな奴だったというタイプ。 今でいえば「エスター」のマイルド版といったところ。 ラストの展開はハリウッドでは結構タブーだと思うが、そこを容赦なく済ます辺りは物語にしっかり蹴りが付けられた。

  • まー

    4.0

    やさぐれカルキン!

    ホーム・アローンVSロード・オブ・ザ・リングが見れると聞いて、 ワクワクしながら見たけれど、これが良い意味で裏切られました! プロット的には裏表の顔を使い分けるクソガキが、 邪魔な人間を貶めていくよくある胸糞ストーリーなんだけれど、 カルキンくんのやさぐれ演技が見事で引き込まれました。 でも、この歳でこんな役をやっていたら、 後にヤク中で落ちぶれたのも、大人のせいのような気がします。 対してイライジャくんは、凄まじい眼力の美少年! ロード・オブ・ザ・リングがデビューかと思ったら、 こんな幼い頃から出てるんだね~? 今や少しおデブな汚いおっさんなのでちょっと残念(汗) 基本、この二人の攻防戦が終始続くわけだけれども、 少年たちの立ち位置…母を亡くしたイライジャ、 母の愛を亡くしたカルキン、など設定や伏線が見事で、 まぁ、ベタベタではあるけれども、ラストシーンは特に秀逸でした。 久しぶりにシンプルで面白い映画を見た気がします。 意図的にわかりにくくして判断を視聴者に委ね、 さも高尚な作品を作ったぞ!って監督の自己満足な 最近の映画より、これ、これ、こういうのでいいんだよ!

  • yok********

    4.0

    子役二人の名演技

    近々に鑑賞したサスペンスの中で一番緊張した作品でした。 マコーレー・カルキンと イライジャ・ウッドの子役二人の名演技にハラハラさせられた。面白かったです。

  • sai********

    5.0

    これはヤバいな

    自分の子供が異常とは分からないアホな親のせいで安定の胸糞でストーリーは進んで行き、終盤でようやく息子の異常に気付くという。 マコーレーとイライジャの伝説のツートップ子役が出てて内容もかなり面白い。 いや傑作。衝撃だったな。世界中で上映禁止、レンタル禁止となった映画「マイキー」と同じくらいサイコな息子がヤバすぎる。

  • なー

    3.0

    ラストの展開がよかった

    イライジャ・ウッド見たさに視聴しました。 初めはイライジャちゃん可愛い~~!天使すぎる~~!!などと思いながら見ていたのですが、段々と話の展開の方に意識が集中していきました。 マーコレー・カルキン演じるヘンリーは初めの登場シーンから異様で、連続殺人鬼の幼少期を見ているようでした。 ラストの母親の選択は、辛かったかもしれないけど、正しいと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
危険な遊び

原題
THE GOOD SON

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル