ここから本文です

危険な関係 (1959)

LES LIAISONS DANGEREUSES 1960

監督
ロジェ・ヴァディム
  • みたいムービー 26
  • みたログ 89

3.68 / 評価:28件

信頼の揺らぎをもたらしたのは…

  • 一人旅 さん
  • 2020年6月14日 9時36分
  • 閲覧数 362
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ロジェ・ヴァディム監督作。

18世紀のフランス人作家:ピエール・ショデルロ・ド・ラクロによる1782年発表の代表作「危険な関係」を、プレイボーイとしても名を馳せたロジェ・ヴァディム監督が原作の舞台を現代(1959年)のパリに置き換えて映像化した恋愛心理ドラマで、本作品は1959年に36歳で早世した名優:ジェラール・フィリップの遺作でもあります。

パリの社交界で注目を浴びている外交官のバルモン&ジュリエットの特異な夫婦関係を描いた作品で、お互いに愛人を作って情事の内容を報告し合っている夫婦と、夫婦それぞれの愛人達との関係性を描いた恋愛心理ドラマとなっています。

肉体的に愛しても精神的には愛さない―という一種の境界線を引いて、お互いに愛人を作って奔放な性生活を楽しんでいる上流階級の夫婦ですが、夫のバルモンが清純な人妻を本気で愛するようになったことを発端にして、信頼という絆により微妙なバランスを保ってきた夫婦の関係性に亀裂と破滅がもたらされていく様子を描いていきます。退廃の歓びを不思議と共有してきた夫婦に、混じり気のない“純愛”の鋭さが互いの嫉妬や憎悪、復讐心を掻き立てさせていく、ヒリヒリとした夫婦崩壊ドラマです。

W主演のジェラール・フィリップ&ジャンヌ・モローが非道徳的な主人公夫婦を好演している他、撮影当時29歳のジャン=ルイ・トランティニャンが生真面目な青年を演じています。また、夫:バルモンが恋に落ちる人妻:マリアンヌを演じたアネット・ヴァディムはロジェ・ヴァディム監督の当時の妻です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 不思議
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ