ここから本文です

最後の晩餐/平和主義者の連続殺人 (1995)

THE LAST SUPPER

監督
ステイシー・タイトル
  • みたいムービー 31
  • みたログ 91

3.61 / 評価:23件

トマトソースのパスタは要注意!

  • oga***** さん
  • 2018年4月26日 16時07分
  • 閲覧数 335
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

共同生活を営む5人の大学院生、彼らは平和主義者というより、リベラル
若しくは左派といった感じなのだろうか。客観的に見て、親のすねをかじって
理想論ばかりを掲げる中途半端な若者集団という印象。

彼らは、どうやら定期的に客を招いては議論を交わしているらしい。
ある日現れた男は、極右の男だった。が、意見の大いなる食い違いにより、
あろうことか彼を刺殺してしまった・・・
しかし、何と彼らはこの殺人を正当化しようとする。彼らなりの理屈としては、
大量虐殺を犯す前のヒトラーがここに居たらどうするか? 出来れば、早い内に
芽を摘んでしまおう(殺してしまおう)という事らしい。よって今回の殺人は、
正しい行為だ、と。
次第に理屈もへったくれも無くなり、僅かな右寄りの考えの持ち主という事
だけで殺していく・・・

と、ここまで来て、彼らのやってることって全く大袈裟ではなく、過去の
歴史上の人物たちもやってきたことじゃない?と思い始めた。
古くは、フランス革命を起こしたロベスピエール、ロシア革命のレーニンや
スターリン、文化大革命の毛沢東など。最初は専制君主の圧政に苦しむ国民を
救う目的で革命を起こしたはずだ。しかし、権力を握ると次第に独裁的に
なっていき、少しでも意見の違う人間を処刑していった。
結局、右派でも左派でも、少数で圧倒的な権力を握ると、暴走して独裁的に
なる傾向があるということなのだろうか。

最後に、トマトが何ともシュールな使い方で、圧倒的な存在感だった(笑)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 不気味
  • 恐怖
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ