ここから本文です

ラストマン・スタンディング (1996)

LAST MAN STANDING

監督
ウォルター・ヒル
  • みたいムービー 24
  • みたログ 861

2.92 / 評価:227件

リメイクしようという意欲は見える

  • kinchan3 さん
  • 2017年6月5日 11時49分
  • 閲覧数 1738
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 2度目で、比較しながら見ている。
 原作の方がいいのは当たり前で、最初から舞台が決まっているからだ。

 原作で好きなのは三船の殺陣と騙し討ちなのだが、ピストルだとどうしても荒っぽくなる。とはいえ、原作にもピストルは出てきたが。
 僕は子どもたちに原作の殺陣の部分だけを絶対見ろ、と言っていたが、騙しの方も刀の方が味がある。当たり前だが。
 まあ、いつもこういう時に、どうして殺してしまわないんだろう、と思うが、野暮というものだろう。

 本人の語りもどうかなと思う。
 ジョン・スミスという名前にするのだが、「桑畑三十郎、もうすぐ四十郎」の方がおもしろい。
 つまり、ユーモアが原作にはあふれているということだ。
 字幕の関係でアメリカではリメイクするのが普通だが、既に多くの人が原作を見ているので、わざわざ作った動機はどうだったんだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ