レビュー一覧に戻る
哀しみのスパイ

哀しみのスパイ

LES PATRIOTES/THE PATRIOTS

113

mot********

4.0

イヴァン・アタルが素晴らしい

世界の情報機関として最も有名なのはCIAとKGBでしたが、イスラエルにも“モサド”という組織があって、この作品ではその活動内容が生々しく描かれています。ただ主軸となるテーマは主人公のアリエルと情婦との関係で、この辺は女性にもオススメのポイント。あるミッションで関わった女性の影を追いつつも、任務に没入していく主人公を演じるイヴァン・アタルが素晴らしい。シャルロット・ゲンズブールの旦那じゃなかったらもっと素晴らしいのに・・・。それはさておきレオス・カラックスの次の世代としてアルノー・デプレジャンと共に語られるべきエリック・ロシャンの傑作で、ぜひオススメの一品です。

閲覧数574