ここから本文です

欲望の街・古惑仔 I /銅鑼湾(コーズウェイベイ)の疾風 (1995)

古惑仔之人在江湖/YOUNG AND DANGEROUS

監督
アンドリュー・ラウ
  • みたいムービー 5
  • みたログ 50

4.07 / 評価:15件

イーキンチェンの格好よさにしびれる

  • lea***** さん
  • 2010年7月20日 13時14分
  • 閲覧数 422
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

この作品を初めて看たのは、10年ほど前に遡る。
正月覚めやらぬ頃、テレビの深夜枠で連続放映していたのを、
暇つぶしに観たのがきっかけだ。

おそらく主役がイーキン・チェンではなく、
おさるの従兄弟みたいな顔した陳小春だったらここまで嵌らなかった。

こういう映画って汗くさい感じがするものだけど
ボスであるイーキン・チェンのサラサラヘアーの清潔感もさることながら
甘いマスクと相反して、逞しくムキムキに引き締まったガタイの良さがたまらない。笑
しかもその逞しい腕から胸元にかけて、一色タトゥーの大きな蛇がこれでもかと身体に絡んでいる。とても美しい。

しかも銃が殆ど出てこない。
何かあったら、木刀や中国の薄っぺらい剣(スイカとか切る包丁)を持って
ちゃんばら劇を繰り広げる。
殺す方法はやっぱり銃ではなく、ビルからのほおり投げ。
ここんとこちょっとシュールなんだけど、
一瞬で死ぬドンパチがないのが古惑仔らしくていい。

ところで他の役者面々はいかにもって感じで下品で暴力的なんだけど、
イーキンだけはマフィアなのになんだか貴公子みたい。
そんなこんな理由でこの欲望の街・古惑仔を全制覇した私。
ストーリー事態はそれほどでもないんだけど、
なんだか妙に引き込まれる作品。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • パニック
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ