レビュー一覧に戻る
身代金

身代金

RANSOM

122

kak********

4.0

練りに練られた脚本が秀逸な誘拐事件の傑作

主演は「マッドマックス」シリーズで知られるメル・ギブソン。 監督は「ビューティフル・マインド」でアカデミー賞監督賞に輝いたロン・ハワード。と来れば、濃密なドラマが展開するのも不思議ではない。 この映画、誘拐事件を扱っているが、一風変わった展開に驚かされる。 それは事件を追うだけでなく人間味に焦点を当てているからで、それが物語に厚みを加えている。 共演は、「アウトブレイク」や「トーマス・クラウン・アフェアー」で魅力を振りまいているレネ・ルッソ。そして、TVドラマ「CSI:ニューヨーク」の主演でお馴染みのゲイリー・シニーズらが脇を固めている。 物語の進行と共に、見るものに緊張感を与え引きずり込まれるのは決して不快ではなく、先の読めない後半は特に興奮ものだ。監督、脚本、そして役者が揃えばこんな面白い映画になるという見本のような内容に大満足の結果となる。 尚、本作品は1956年グレン・フォード主演「誘拐」のリメイクらしく、当時としては斬新な内容だったに違いなく、機会があれば是非見てみたい。

閲覧数1,190