ここから本文です

危険な年 (1982)

THE YEAR OF LIVING DANGEROUSLY

監督
ピーター・ウィアー
  • みたいムービー 8
  • みたログ 104

3.50 / 評価:22件

これはビリーの物語

  • オーウェン さん
  • 2010年1月3日 21時05分
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

スカルノ政権のインドネシアの現状を取材に来たジャーナリスト。
そこで大使館の娘や現地のカメラマンの出会い。

この映画はインドネシアの現状をある程度知らないと把握はできない。
なぜ規制が厳しいのかや、国批判はダメなど理解できないかもしれない。

話的にはこれをピーター・ウィアーが監督したのだが、もっと深く内情に入り込んでも面白い。
メル・ギブソンはこの作品でハリウッドデビュー。

とはいえこの作品はカメラマンのビリーを演じたリンダ・ハミルトンしか残らない。
自国の圧制と仲間内の現状を報道してもらいたいがために協力するが、結果的にはそれが裏目に出る。
最後の抵抗がことのほか虚しい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ