ここから本文です

コーカサスの虜 (1996)

KAVKAZSKIJ PLENNIK/PRISONER OF THE MOUNTAINS

監督
セルゲイ・ボドロフ
  • みたいムービー 43
  • みたログ 82

4.22 / 評価:18件

変貌する世界地図

  • taransowa1919 さん
  • 2008年12月16日 21時24分
  • 閲覧数 670
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

私がお勉強してた頃の地図って、ソビエト連邦でした。
西ドイツ・東ドイツでした。
高校時代の地図帳開いて、その事実に驚き、新しい地図帳買いました。

チェチェン...チェチェン...
その前にロシア連邦に変わったのを確かめ、
レニングラードがサンクトペテルブルクになってて、そうだった、、、ガーン!
統一ドイツに分断したチェコとスロバキア。
痛ましいユードスラビアは今でも分断し続けている。

チェチェン。ありました。
グルジアの上にありました。

民族で分かれていた方が平和なんだろうか?
日本は決して単一民族ではないけれど、島国であることが
どんなに平和を保っているか、、、と思わずにはいられない。
国境を肌で感じられないから。


チェチェン紛争を描いた作品ですが、戦闘場面はほとんどありません。
卵が先か?ニワトリが先か?と同じように、
どちらが先に報復したのか?永遠に続くメビウスの輪のようです。
淡々と捕虜になった青年を追ったストーリー。

深く考えさせられるほどの衝撃はありませんでした。
それが返って心に引っかかるってカンジでした。
もう一回観てみたい作品です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ