チャップリンの役者
3.0

/ 7

0%
14%
71%
14%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)


  • qaz********

    4.0

    爆笑問題が演じたら・・・

    本作は爆笑問題でリメイクしてくれたら面白いと思います。 チャーリーが太田でベン・タービンが田中というのもいい配役です。 オープニングのオーデションのシーンも迫力満点でしょう。 撮影のシーンもいつもの大ボケで見せてくれたら面白いと思います。 誰かしてくれねかなー!

  • hea********

    3.0

    内輪ネタ

    撮影所でのドタバタです。 ある意味、内輪ネタですね。 相変わらず軽快で楽しげです。 チャップリン自身が移籍しての仕事で、前の環境より悪くて苦労したそうです。 この後、さらに違う会社に移って出会うのが、永遠のパートナーのエドナ・パーヴァイアンスです。

  • どーもキューブ

    3.0

    チャップリン新人俳優

    1915年アネッセイ社所属時代のチャップリン初期短編。「サンセット大通り」のグロリアスワンソン主演。(「サンセット大通り」にバスターキートンの意味がわかった)若いしデカい!グロリアはチャーリーの先輩方にあたる俳優!初期はチャーリーフル主役でわありません。他ベンターピンという役者との煙草を口移すギャグオモロ。チャーリーは新人俳優として撮影をかき回す作品。剣でつつく、トンカチなぐり、ノコギリでお尻を引っ掻くとチャーリー相変わらずやりたい放題。チャーリーがネクタイしめて、ジャケットの下の肌着にガラが入ってお洒落です。煙草、柱、板の恒例ギャグみれます。ラストはやはりドタバタエンド!

  • ann********

    3.0

    チャップリン作品 役者志望

    チャップリンは役者志望で撮影所で面接を受けた。無事役者で合格はしたが監督に駄目だしをされ大道具係に変えられる。大道具係でもハチャメチャ行動で撮影の邪魔をしてばかり。今度は主役スターが来るまでの間主役の代理でリハーサルをしたがここでもめちゃくちゃになり映画は完成しなかった。 チャップリンがエッサネイ社に移っての最初の作品。毎回のことだがチャップリンの動きはキレがありますね。多少映像スピードを早くしていると思うがそれでもやっていることはマネできないでしょう。北野武も似たようなことをしているが比べるのは失礼かな。作品的には普通の映画。21分映画。

1 ページ/1 ページ中