ここから本文です

濁流 (1934)

BORN TO BE BAD

監督
ローウェル・シャーマン
  • みたいムービー 1
  • みたログ 5

3.33 / 評価:3件

心温まる話

  • fan******** さん
  • 2008年1月10日 15時04分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

主人公レティは、ワルでありながらも、母親としての顔と、女としての顔の2つの顔を持った、魅力的な女性で、男性を虜にしていく才能を持つ。でも、この話の中では、そんなレティも温かい人達に助けられて、改心してゆく姿が描かれている。この作品を観ながら私も、ホロッときてしまい、最後は心温まる思いがした。一人の女性の生き方に感動した。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ