ここから本文です

バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲 (1997)

BATMAN & ROBIN

監督
ジョエル・シューマカー
  • みたいムービー 45
  • みたログ 2,256

2.81 / 評価:441件

シュワ映画。J.クルーニーはミスマッチ。

  • izq******** さん
  • 2021年4月10日 14時01分
  • 閲覧数 318
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

シリーズ四作目。最大のウリは悪党Mr.フリーズ役でシュワルツェネッガーを迎え、バットマンシリーズとシュワ映画を融合させたこと。Mr.フリーズの悪を働く目的が、妻の病を治すことにあるという微妙に悪党に徹し過ぎてない設定がバットマンシリーズらしい。
悪党二人組設定は踏襲。氷男のMr.フリーズに加え、植物女のアイビー役でユマ・サーマンが登場し、両者が手を組む。しかし、氷男と植物女の組み合わせはどう考えても相性悪そうな特徴でもあり、互いの特性を活かした連携は見て取れなかった。
また、アイビーは悪役兼ヒロイン的な立ち位置だったが、バットマンとロビンに対しては誘惑するだけで、アイビー自身はMr.フリーズに気があるが、Mr.フリーズは愛妻家といった感じで発展的な色恋サイドストーリーは無し。ブルース自身の恋人はいたが事件への絡みもなく、バットマンの色恋話しとそれに付随した正体を明かすかどうかのやり取りは今回は楽しめず。
もう一点の本作のウリは、前作のロビンに続き、新キャラでバットガールが仲間に加わったこと。しかし、ロビンのような負のバックグランドが無く、仲間に加わる必然性が弱い印象。活躍も限定的であった。
また、バットマン/ブルース・ウェイン役が今度はジョージ・クルーニーに変わってしまった。暗いバックグランドを抱えたバットマンの役にはにやけ気味演技がミスマッチな印象で本作で一番残念なキャスティングだった。ロビン役は前作に続きクリス・オドネルだったこともあり、前作のヴァル・キルマーがバットマンを続けて欲しかったところ。
執事アルフレッド役のマイケル・ガフが唯一全四作皆勤。本作では病に倒れ、最後にMr.フリーズの薬で助けられるという初めてひとつのサイドストーリーの主要キャラとしての役割もあった。
総じてシュワに引っ張られ過ぎてしまい、他がおろそかになってしまってる印象。

氷男のMr.フリーズが冷凍装置のエネルギー源のダイヤを奪うためにゴッサム美術館を襲撃。バットマンとロビンが出動するがフリーズの逃走を許してしまう。
フリーズは元博士で、妻を難病から救うため治療薬開発まで妻を冷凍保存していた。しかし研究中の事故で冷凍槽に落下し、冷凍下でしか生きられない体となり、冷凍スーツを身につけるようになった。ダイヤはそのエネルギー源。
一方、女性植物学者のアイズリー博士が開発した毒液で、同僚のウッドルー博士が研究費を稼ぐため犯罪者にその毒液を注入して殺人兵器人間ベインを製造。責めるアイズリー博士だったが、ウッドルー博士に毒液を浴びせられ、植物人間アイビーに変身。
環境保護を訴えるアイビーは、バットマンらも環境破壊の権化と敵視。ダイヤのオークション会場でゲスト参加のバットマンとロビンにフェロモンを吹き付け誘惑する。そこにフリーズが襲撃に現れダイヤを奪う。しかし今度はバットマンがフリーズを捕まえることに成功。
フリーズは精神病院に送られるが、彼を気に入ったアイビーは看守を誘惑してベインと共にフリーズを救出。
フリーズの脱走を知ったバットマンとロビンは彼の自宅を警察と捜索。そこにフリーズとアイビーが現れ戦闘に。フリーズは逃走、アイビーもロビンを誘惑して逃走。しかし、戦闘のどさくさにアイビーはフリーズの妻の冷凍装置の電源を落とし、それをバットマンのせいにする。
騙されたフリーズは復讐に燃え、天文台を占拠して、天文台から冷凍光線を放ち街中を凍らせようとする。
一方でアイビーは、ロビンを誘い出し誘惑して毒キスに持ち込むが、アイビーを巡って口論していたバットマンの進言を受け入れたロビンは唇シールで難を逃れる。そして新たな仲間バットガールが登場しアイビーを退治。執事アルフレッドの姪バーバラが、アルフレッドに会いにブルース邸を訪れ居ついてしまい、病気で倒れたアルフレッドから託された秘密のファイルのパスワードを破ってバットマンの秘密を知り、予めアルフレッドが彼女のために用意していたバットガールのスーツに身を包んで出動したのだった。
次にバットマンら三人は天文台に向かい、フリーズと最後の死闘。フリーズは天文台をバットマンもろとも爆破。バットマンは望遠鏡と共に落下するが、天文台職員を救出し、ロビンとバットガールと共に天文台に戻り、衛星を操作して熱線を送り街を解凍して救う。
天文台爆破で自らダメージを負ったフリーズは、バットマンから妻が生きていることを聞き、バットマンの説得に応じて同じ病の人のための薬を提供する。
その後、冷凍装置の電源を落としたのがアイビーであることをバットマンから聞いたフリーズは、アイビーに仕返しに現れる。
ブルースはフリーズからもらった薬で病のアルフレッドの命を救い終幕。
バットマンはフリーズをあたかも世のためのように説得していたが、身内を救うためだったことに少し拍子抜け。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ