奇跡の旅

HOMEWARD BOUND: THE INCREDIBLE JOURNEY

85
奇跡の旅
4.0

/ 61

41%
23%
26%
10%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(19件)

泣ける17.7%かわいい17.7%楽しい16.5%勇敢13.9%笑える8.9%

  • db

    4.0

    かわいい

    かわいい

  • kak********

    4.0

    犬二匹と猫一匹の冒険旅行は心温まる感動劇

    物語は、再婚と転勤で愛犬二匹と愛猫一匹を一時的に知人に預けた結果、リーダー格の犬の判断で三匹が家族の後を追うことになる。原作はシラ・バーンフォードの児童小説で、すでに1963年に「三匹荒野を行く」で映画化されているのでリメイク作品である。 その動物たちとは アメリカン・ブルドッグのチャンス 声優は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のマイケル・J・フォックス。 ゴールデン・レトリバーのシャドウ 声優は「コクーン」のドン・アメチー。 ヒマラヤンのサシー 声優は「プレイス・イン・ザ・ハート」サリー・フィールド。 実写なので動物たちが、まるで自分たちの考えで冒険しているように振る舞っていて、どうやって演技をさせているのかが”奇跡”のような映画。もちろん子供達や、父親役で「フライングハイ」のロバートヘイズ、母親役で「未来世紀ブラジル」のキム・グライストも出演しているが、この三匹の前では引き立て役でしかない。 動物が主役と言えば、TVドラマ「黄金の犬」が思い出されるが、こちらは帰巣本能がテーマで、過酷な旅はシリアスで家族向きとは言えない。その点、本作品は大人も子供も一緒に楽しめる。三年後には同じメンバーで続編「奇跡の旅2/サンフランシスコの大冒険」が公開されている。また会いたくなったら見るしかない。

  • ユウ

    4.0

    感動の旅だけど...

    疑問が1つ 人間は動物の言葉を理解できないが、 動物もまた人間の言葉を理解できないのかと思っていましたが、そうでないシーンもあったので結局どっちかわからないまま終わってしまいました。 ですが、全体的には良かったので「3匹荒野を行く」も観てみたいです。 あと1つ、良くも悪くもファミリー向けなので過度な期待はしないように。

  • きゃる

    4.0

    84分間に愛がいっぱい詰まっている

    久しぶりに見ました。3回目かな。 歳をとったせいで涙もろくなって こんなに泣ける話だったっけ、と感じました。 3匹の友情、飼う側の家族愛、そして人間と動物の絆。 どれも胸を熱くさせてくれました。

  • bar********

    4.0

    大自然の旅。でも……

    奇跡の旅。うーん、いい映画だなあ。シンプルで。 最後の再会のシーンでは感動してしまいました。嬉しさがこみ上げてきて、じ~んと目が熱くなってしまいました。 ただ、こういう映画がなぜ評価されにくいのかがわかった気がします。うまくいえないのですが、キャラクターの奥行きのなさに不快感を抱いたのです。犬や猫たちが喋くりまくるこの映画、どうして多くの映画でペットは沈黙しているのか、みんなこのキャラクターたちが作為的で、おそろしさを感じさせることに気が付いていたのではないでしょうか。 でも悪くない映画なんですよ。いいストーリーで。 でもキャラクターは安っぽくて、子ども向けという感じがします(悪い意味で。日本のアニメーションが大人でも楽しめる、と言われるのとちょうど反対の意味で、こういったディズニー映画は完全に子ども限定のものなんです)。子どもの鑑賞能力について書かれた本で読んだことがあって、ちょうど役に立ちそうですからここで話しますが、子ども向けの本には二種類あって、完全に子ども向けに書かれた簡単なものと、大人でも楽しめるような、理解しがたくはないが奥深いものがあって、その二つを子どもに見せて、どちらが面白いと感じるか尋ねたら、ほぼ全員が後者のほうを選んだという話だった。 こういったことをかんがみると、ディズニーの制作者たちには何かちょっとした勘違いがあるように思える。もちろんそれでこの映画の全てをぶった切ろうなどという料簡ではない。ただぼくはずっと得体の知れない不快感を抱いていて、それが結局なにに原因があったのか、ここで考えないではいられなかったということで、なにも駄作と言うわけではない。もちろん悪くない映画です。 音楽はいいし、映像もいい。アメリカの大自然は素直に感動しました。技術的に考慮するなら、ストーリーもしっかりとしていて、楽しみやすい。ただちょっと疑問符がつくような面があって、われに返ってしまうタイミングが何度もあった。その多くが「犬や猫に当て込まれたキャラクター」というそもそものコンセプトから生まれている、飾り付けられたような感じ・不自然さといったものが原因なのだと、今では思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
奇跡の旅

原題
HOMEWARD BOUND: THE INCREDIBLE JOURNEY

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-