あるじ

DU SKAL ARE DIN HUSTRU/MASTER OF THE HOUSE

107
あるじ
4.0

/ 5

60%
20%
0%
0%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)

コミカル14.3%切ない14.3%悲しい9.5%泣ける9.5%ロマンチック9.5%

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ薪ストーブで焼く林檎って美味しそう!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 一人旅

    5.0

    夫婦の時間の音がする

    カール・テオドール・ドライエル監督作。 献身的な妻に家出された傲慢な夫の改心を描いたドラマ。 デンマークの巨匠:カール・テオドール・ドライエルがサイレント時代に撮ったもので、シンプルながら普遍的なテーマに心揺さぶられる傑作に仕上がっています。 思いやりのない傲慢な夫に散々苦しめられている献身的な妻が、夫の乳母に諭されたことで家出をする。突然自宅から妻がいなくなったことで、夫はそれまでの自身の態度を客観的に見つめ直し改心していく…というシンプルな夫婦ドラマで、複雑巧みに練られた脚本が映画の面白さに直結しないことを見事に証明しています。 夫の振る舞いは正に専制君主で、妻の小さなミス一つ一つを厳しく指摘し、何かと世話を焼いてくれる妻にお礼の言葉すら言えない人間です。そんな夫婦を見かねた乳母のアイデアで、夫が改心するまで妻は家を出ることになります。自宅に残されたのは夫と年老いた乳母、そして二人の子供達。乳母は厳しく夫を再教育していきます。常に妻に指示していた夫は、今度は乳母に何かと指示される立場に。する側から、される側へ―立場の逆転が、それまでの傲慢な自分自身に対する“気づき”となって、少しずつ夫は心を悔い改めていくのです。 夫婦関係の必須条件―“お互いが相手を思いやる心”の大切さを真摯に提示した心温まる夫婦ドラマの傑作。動き出す時計で締める結末が爽やかな余韻を残してくれます。 夫婦以上に存在感を示すのは乳母:ナナを演じたマチルド・ニールセン。鋭い眼つきで夫の言動を監視する姿はちょっぴり不気味でもあります。

  • a_b********

    5.0

    ドライエル

    デンマークの巨匠ドライエルの作品です。かなり古く1925の作品です。他のドライエル作品とは異なった趣向の作品です。おもしろい。

  • おおぶね

    4.0

    ネタバレドライヤーのサイレント

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
あるじ

原題
DU SKAL ARE DIN HUSTRU/MASTER OF THE HOUSE

上映時間

製作国
デンマーク

製作年度

公開日
-

ジャンル