気儘時代

CAREFREE

82
気儘時代
3.2

/ 10

30%
0%
50%
0%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(7件)

楽しい16.7%コミカル13.3%かっこいい10.0%かわいい10.0%笑える10.0%

  • qaz********

    3.0

    異色の作品

    先週の木曜、GEO国立店でレンタルし鑑賞しました。 ジンジャーのシーン以外印象が残りませんでした。

  • スーザン

    5.0

    ああ、ファーストキスだったのですね。

    アステアとロジャーズのダンスはどれを観てもうっとり! 今作は精神科医アステアに変な催眠療法をかけられたロジャーズが次々お騒がせ行動をとるコミカルなシーンも楽しい。 そして彼女の見る夢の中のキスシーンが共演以来初のキスシーンだったとは意外であった。 二人の映画はいつもながら甘く切なくコミカルで、素晴らしい歌とダンスを観せてくれる楽しい作品である!

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ夢を見るためのメニューは…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • どーもキューブ

    3.0

    アステア、ジンジャーの気ままなダンス

    1938年、RKOレディオピクチャーズ提供、監督マークサンドリッチ。 昨年からはまりました、ミュージカルダンサーの才人フレッドアステア。 お相手は、ジンジャーロジャース。華奢で綺麗なジンジャー。 お決まりのコンビ作品、白黒作品。 物語は正直あってないようなもの。 東北新社さん、ビデオグラフさんの大好きな名作ビデオシリーズを鑑賞。 物語はアステアが精神科医。珍しくにつかわしくない役。 そこに心煩う、ジンジャー登場。ジンジャーは、フレッドの診療から思わぬ恋に火がつき、病は成就から?さていかなる恋のダンスとなるや? 今回はジンジャーがやや出演色高いかんじ。出番も多いです。 いつもアステアが奮闘するんですが、物語を引っ張るのが、ジンジャーです。 悪い催眠術で絡んだり、変な事言ったり大変であります。 見所はパーティー会場を駆け巡るようなダンスをする二人は必見。 二人で動いているのに、なんともスピーディーで、華麗なステップ、ステップ、ステップ。ダンス、ダンス、ダンスであります。 ノーカットでよくまあ、二人して部屋から部屋へダンスで進みますよ! それから意外な見所 1 スローモーション イヤーはじめてでました。 正直この二人のスローって御法度だと思うんですがね、スピード感が丸つぶれのようなきがしますが、、。物語上入れちゃったのかな?悩める、夢心地的なところで、、。 そして意外なその2 キスシーン やっちゃうんですね! 今まで寸前まで行ってましたが、ファンの後押しに押されキスしちゃったようです。 まさしくコンビ解消の予兆のような、さよならキス。 なんか少し残念な気持ちもしました。 レビュー読みますと、この頃コンビ解消寸前らしく、ジンジャーの注文におむづかるアステアと対立が顕著になってきたもようです。 あといかした冒頭クレジット ケーキのチョコデコレーション文字を書いたような贅沢な甘いぐちゃぐちゃなチョコ文字はじまり! 2人の映画のはじまりは、度々いかしたクレジットで始まる事がよくあります!必見! さて原題「ケアフリィ(気ままに、のんきな)」 気ままにいかない二人の恋の行方はいかに?

  • gar********

    3.0

    二人のファーストキス

    友人の頼みでその恋人で歌手のアマンダの治療を催眠術を使ってすることになった精神科医トニー。術にかかった彼女は、トニーに愛を告白してしまい… アステアが催眠術を使う精神科医にしてしまうという、意外性あふれる作品ですが今回映画は、ジンジャーの方に華を持たせているなという印象です。特にそれを感じたのが催眠術にかかったアマンダの暴走ぶりを演じるシーン。警官に絡んだり、歌手として出演したラジオ番組でスポンサーの悪口を叫ぶ…ダンスだけではなく演技でもジンジャーが素晴らしい女優であったことを感じさせます。映画の後半には、アーヴィング・バーリンの曲に合わせて、素晴らしい二人のダンスがありますが、全体の印象としてはむしろアステアがジンジャーの引き立て役に回っています。 そして、この映画で特筆すべきことはこれまでカップルを演じているのにキスシーンがなかった二人のファーストキスが撮られた『I used to be color blind』のナンバー。催眠術にかかったアマンダが夢の中でトニーと踊るシーンです。スローモーションを利用したモノクロ映像が奇抜で面白いのですが、ダンスの最後で二人のキスシーンが静止画で写ります。なお、アステアの自伝によるとこれまで二人のキスシーンがなかったのは特に必要と感じられなかったので、入れていなかったのですが当時の映画雑誌が「なぜジンジャーとフレッドはキスしないの?」と特集したため、そのファンからの要望に答える形でこのシーンとなったようです。 しかし、映画は二人の作品に観客が飽きてきていたことと印象に残る楽曲がなかったことで、興行的に失敗。二人にコンビ解消を考えさせるきっかけとなってしまいます。 記念すべきファーストキスとジンジャーの演技が見所の作品です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
気儘時代

原題
CAREFREE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-