ここから本文です

気儘時代 (1938)

CAREFREE

監督
マーク・サンドリッチ
  • みたいムービー 3
  • みたログ 35

3.20 / 評価:10件

こんな素敵な映画は滅多にない

  • omoidarou さん
  • 2009年11月17日 5時08分
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

ストーリーも歌も踊りも素敵です。こんなに完成度の高い映画、あまりないのではないでしょうか。
いつもはツンケンして気の強いジンジャー、この映画では傷つきながらもアステアに惚れていく純な面を披露してます。アステア歌う「チェンジ・パートナー」は深い芸術性に満ちています。愛するからこうした曲が生まれるのか、曲に愛があるから愛する気持ちが生まれてしまうのか、アマンダを思うトニーの気持ちが見る者にそのまま乗り移ってきます。譜面を書けなかったというけど、アービング・バーリンって偉大だなあ。
負けず劣らずアステア・ロジャースの踊りってホントいつも素晴らしいなあ。二人のコンビの映画で、この映画を一押しする人を見たことありませんが、どこから見てもこの「気儘時代」こそBESTでしょう。
軽いコメディーというオブラートにくるまれて、深い芸術性と神秘性を、さりげなく甘い感動として届けてくれます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ