レビュー一覧に戻る
奇跡の海

奇跡の海

BREAKING THE WAVES

R15+158

rec********

5.0

純粋である事の恐ろしさ

映画というものは時として残酷な体験になります。あと1歩で映画でなくなる作品に巡り逢ったらまさにそんな体験に他なりませぬ。『ダンサーインザダーク』を最初に観てしまいこの監督から遠ざかっておりましたがやはり気になっていたのでしょう。観てしまいました。というより観ざるにおえませんでした。私の中では[その程度]ではなかったようです。[その程度]というのは存在して当然という意味でしてラースフォントリアーという映画作家は[その程度]ではなかったようです。この作品の前では能うかぎり言葉を封印したい欲望にかられます。映画で残酷な体験とはそういうものなんだと思うのです。

閲覧数2,910