SPACE JAM/スペース・ジャム
3.2

/ 66

15%
26%
33%
18%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(16件)


  • 一人旅

    3.0

    25年越しの続編公開はもう直ぐ

    ジョー・ピトカ監督作。 2021年8月には25年越しの続編となる『スペース・プレイヤーズ』(21)が日本で劇場公開されるファンタジックスポーツコメディで、NBAのシカゴ・ブルズやワシントン・ウィザーズで活躍した“バスケの神様”ことマイケル・ジョーダンが本人役で主演を果たしています。 NBAから一度目の引退を遂げMLBに挑戦し始めたマイケル・ジョーダンが、ひょんなことから地球のアニメキャラと一緒に、悪者宇宙人チームを相手にバスケ試合に挑んでいく姿を描いた荒唐無稽なスポーツコメディで、『メリーポピンズ』(64)や『ロジャー・ラビット』(88)のように実写とアニメの融合が目で見て楽しいファミリー映画となっています。 アニメキャラ同士のバスケ試合に本物のマイケル・ジョーダン(+α)が唯一の実写人物として溶け込んだ映像上のインパクト絶大の異種バスケ映画となっていて、普通の人間ではありえない動作を繰り出す相手チームに苦戦を強いられながらも、アニメーション世界の利点を活かして反撃を仕掛ける主人公チームのぎりぎりの攻防がスピード感溢れる実写&アニメの融合映像で活写されています。 ワーナー・ブラザースが展開する「ルーニー・テューンズ」のキャラクターが勢揃いしているのも見物で、看板キャラのバッグス・バニーをはじめ、ローラ・バニー、トゥイーティー、ダフィー・ダック、ポーキー・ピッグ、エルマー・ファッド、シルベスター・キャット、タズマニアン・デビルら日本でも馴染み深いワーナーキャラが続々登場しては画面を賑わせています。主演のマイケル・ジョーダンは本業がスポーツ選手なので演技の硬さを否めないですが、ドリブルやダンクシュート等では流石の動きを披露していますし、NBA引退→MLB挑戦の序盤の流れにはマイケル・ジョーダン自身のスポーツキャリアがそのまま作劇に反映されています。

  • 洞窟のきと

    4.0

    ネタバレゴムゴム

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • lex********

    4.0

    小学生のとき以来の観賞

    コービーの訃報を受けてバスケの映画をみたいと思い観賞。おそらく小学生のとき以来。 ストーリーはマイケルがMLBを目指してからNBAに復帰するまでの話がうまくつながってて改めてみると面白かった。このあたりの話の流れは子供のときにはわからなかったと思う。また当時のスター選手も勢揃いで素人っぽいけどがんばっている演技が最高だった。モンスターに魂抜かれる演技とかバスケが下手になった演技とかかわいくて笑ってしまった。マイケルはと言うとアニメのキャラクターと共演するのにふさわしいスターのオーラがでていたと思う。なかなか人間だと溶け込めないと思う。 他にはファッションとか音楽とか全体的に90年代の空気感がでていて、当時を思い出して懐かしくなった。エンディングの音楽とかいい曲が多かったし。 童心に戻れて観れてよかった。こんな作品が今の時代にもあればいいのに。

  • ゆた丸

    5.0

    マイケル・ジョーダン最高!

    子供も大きくなってきたから、バスケ興味たせるために見せようかな。 正直音楽が良い!

  • shi********

    4.0

    二次元と三次元の融合

    バスケットボール界のスーパースターであるマイケルジョーダンと、アニメ界におけるぶっ飛びNo.1のルーニートゥーンズ。 この2つがおりなす化学反応はまさに本作ならでは。 シリアス要素を若干含んでいるため、ただのギャグでは終わらせない。ここもスペースジャムの魅力かと。 マイケルジョーダンという人物を下調べしておくとより楽しめるかも?

  • nori-tarou

    5.0

    新しい

    アニメとの違和感は全くなく、ジョーダンの表情の豊かさに感心した。

  • zan********

    3.0

    ネタバレジョーダン

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hok********

    4.0

    アニメとのバスケ試合

     バッグス・バニーやダフィー・ダック等のアニメキャラクターとNBAのスーパースターが手を組んだスポーツ映画。同じ構成のロジャー・ラビット程の作り込みではないが、活気溢れるアニメとのバスケ試合は痛快爽快。

  • oce********

    4.0

    ジョーダンに対抗できるのは地球にはいない

    公開当時のマイケル・ジョーダン人気はまさしく絶頂期。 そんなジョーダンにはNBAでも対抗できる選手がいない。 それならとばかりにアニメのバッグス・バニーの世界から挑戦が! NBAを知っていればより楽しめるのは間違いなしの、実写とアニメの合成スポーツコメディだ。 ジョーダン以外にもバークレーやユーイング。そしてラリー・バードまでが本人役で演技をしている。 役者からはビル・マーレイも本人役で登場と豪華だ。 試合自体はほとんどドタバタで見るに乏しいが、それなりの迫力を生み出している。 話はジョーダンが一回目の引退で野球に転向するのを上手く取り入れている。 実際に野球でプレーはしたが散々で、すぐNBAにカムバックすることになる。 バッグス・バニーと夢の共演を果たしたマイケル・ジョーダン。 これこそ真のドリームチームだったりして(笑)

  • 映画ヤッホー!

    3.0

    ネタバレスーパースター

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kas********

    5.0

    ついに映画にも登場!!!

     この映画は、史上最高のバスケットボールプレーヤー いや 史上最高のスポーツ選手であるマイケル・ジョーダンが主演した大変ありがたーい映画です。  この映画が公開された時には、「ついにジョーダンもハリウッドに進出かぁ。」と思い、大変感慨深いものがありました。正直いって内容は単純で、いかにもお子様向けの映画ですが、そんなことはどーでもいいんです!あのジョーダンが映画に主演した、という事実を喜ぶための映画なのです!    残念ながらこれ以降 彼は映画に出演することはありませんでした。ですからこの映画は、ほんとーに ほんとーに貴重な「唯一の」作品なのであります!!!

  • rut********

    2.0

    サクセスストーリー

    夢を追うのは素晴らしい。しかし夢がデカすぎるというか話に無理がありすぎる。つまらんかったです。

  • fle********

    5.0

    NBA

    懐かしいNBA選手がいっぱい出てます(^O^) NBAファンの俺は今でもこの映画が好きです!!マイケル・ジョーダン最高!!

  • the********

    5.0

    子どもの時見ました

    マイケル・ジョーダンのファンじゃない大人は見るな!子どもが見る映画です。面白い映画です。

  • rdg********

    2.0

    アニメの世界へ!

    まず凄いのは、アニメの世界に居るジョーダンの違和感の無さ。 ボロが出るのかな?っと思ってたけど、全然そこは無かった。 でも、話が酷すぎる。 楽しむ事は出来るけど、映画後の会話は、「あの展開は無いでしょう~」となる可能性高め。 視聴方法:BS NHKBS2 衛星映画劇場 日本語吹き替え

  • chu********

    4.0

    アニメと人間のバスケ対決!!

    アニメと実写を融合した映画です!! ロジャーラビットと似てますよね??? アニメ側にはワーナーの人気キャラ達がバスケをするために総出演 実写側ではマイケル・ジョーダンや本物のバスケの選手が多数出演してます マイケルがアニメ達にいじられ放題で バスケをするのは本当におもしろい光景ですww アニメならではのギャグも冴えてて 全編をとおして楽しめると思います!!! バスケの迫力もスゴイので好きな映画の1つですww

1 ページ/1 ページ中