クローンズ

MULTIPLICITY

112
クローンズ
3.5

/ 28

4%
61%
21%
14%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(8件)


  • yok********

    5.0

    ネタバレ感想

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いやよセブン

    3.0

    コピー人間

    マイケル・キートンはサラリーマンでとても忙しい。 妻のアンディ・マクダウェルは子育ても一段落したので、働きに出たいと言う。 家事や子育ての協力は大変だと思い、ひょんなことから知り合った科学者にコピーを作ってもらい、仕事はコピーに任せ自分はゴルフ三昧と思ったが、家事はそんなに甘くない。 仕方なくもう一人、コピーを作ってもらい、家事専門とし、ようやく遊べると思ったのも束の間、コピーが自分たちの面倒を見させるため、コピーのコピーを作ってしまう。 さすがにコピーのコピーは出来が悪く・・・。 さて、妻とベッドを共にするのは?

  • pac********

    4.0

    ネタバレノリがいい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cha********

    4.0

    そもそも考え自体が甘いんだが

    仕事が忙しく家族サービスや自分の時間がとれないダグ(マイケル・キートン) ひょんなところで、自分のクローンを作る実験に協力することに。 見た目ソックリで、それまでの自分の経験や好みまでもコピーできる優れモノ。 ダグは最初に作ったクローン(2号)に仕事を任せ、自分は家庭サービス&自分の時間に勤しむことに。 でも小さな子供が2人、奥さんも働きたい、そんな中の家族サービスは簡単じゃない。 で、もう1体クローン(3号)を作成し、家族サービス担当に。 もう、あらすじ書いてるだけで、そんなの考えが甘すぎるだろ! って、突っ込まれそうなストーリーです。 挙句の果てに、2号が勝手にもう1体クローン(4号)を作ってしまう。 でもコピーのコピーだから、精度が悪いクローンになってる(笑)。 4人のマイケル・キートンが織り成すドタバタなコメディ。 それぞれ仕事、家事専門でやらせるから、同じだった性格が変化していくのも面白い。 愛すべき奥さん役には、アンディ・マクドウェル。 当然ですが奥さんは1人で、ダグはクローン含めて4人。 どんな問題が出てくるかは予想できますよね。 そもそもの考えが甘すぎるぞ!という話なんですが、だから余計微笑ましく見れます。 人類究極の夢(?)「身体が2つあったらなあ」をシュミレートしてくれるコメディ。 興味ある方はぜひ。 タイプの違う4人のダグを相手するアンディ・マクドウェル、可愛すぎです。

  • オークチェイサー

    4.0

    吹き替えキャスト

    マイケル・キートン (安原義人) アンディ・マクダウェル (高島雅羅) ※マイケル・キートンが4人も出てます、実に面白いです 安原義人はコメディヤラせたら最高です、とにかくトークが旨い!! 何せ自分を相手に吹替するんですから、高島雅羅はさすが職人芸ですね 実はこの2人の組み合わせのコメディは、もう一つ良作があります 同じハロルド・ライミス監督の「恋はデジャ・ブ」是非ご覧頂きたい逸品です。

  • oce********

    4.0

    キートンだらけ

    仕事が忙しすぎて家庭サービスはゼロな男。 おまけに妻が働きたいと言い出し、二人の子供の世話までやってくる。 困ったときに上司がある解決方法を提示する。 タイトルの通りなクローン人間を作るというアイデア。 いとも簡単に設定を飲み込むのだが、これはコメディなので成立する。 最初は2号が出来るがこちらは自信満々な性格。 と思いきやなぜか3号が出来上がり、仕舞いに4号まで登場(笑) 4人のマイケル・キートンがやり取りする芸達者ぶり。 特にクローン3体と妻の夜の生活ぶりは笑える♪ 妻にばれるかばれないかではなく、あくまでもクローンによって起こる笑いを取り上げているのが面白い理由。

  • shp********

    3.0

    いいB級映画

    クローンが4人も出てきてそれぞれキャラが立ってておもしろい。 撮影に金はまったくかかっていないが、内容で楽しませてくれる。 欧米のコメディーはあまりよくわからないが、この映画はとにかく楽しい。

  • ser********

    4.0

    あんなこといいな、出来たらいいな(笑)

    国民的マンガ【ドラえもん】の取り出す道具でみなさんは一番何が欲しいですか?タケコプター?どこでもドア?それとも翻訳こんにゃく?  どれも現実にあれば欲しいものばかりだけど、私が欲しいのはズバリ「コピーロボット」!しかも記憶がオリジナルにコピーできる機能がついていたらもっといい!  それほど昨今の映画の量の多さについていけない私にとって、映画を見てきてもらってその記憶を自分に移植出来るような装置があれば絶対欲しい!貯金はたいても買う!多分皆さんもでしょう(笑)。4、5台買えたらもっといい!多分10000ギガぐらいの収容能力があって、そこら中にコピーロボットを放っては至る所でかかってる映画を網羅し、一方では音楽や絵画、はたまた経済情報などを集めては本人に全部コピーする。まったくスゴイことになる!(完全に妄想に入ってるなあ)。  だからこそ人生のび太のままなのだが(笑)、この映画はそんな妄想を見事にくすぐってくれるコメディだ。とにかくコピーをコピーして、さらにコピーして・・・あちこちにマイケル・キートンがいっぱい!もうそれだけで笑えるのなんの。だがこの映画が面白いのは、そのコピーを繰り返したために一番最後のコピーがバカ(というよりキ○ガイ)になってるというオチ。結局コピーするならオリジナルから!って事か(笑)。 とにかくクローン、なんて世界が現実に動物で起きている時代だもの、いつかは人間のコピーが出来るのも時間の問題だが、だからといって「ドラえもん」みたいな世界とは大違いでしょう(笑)。そんなもの本当に出来ないから人間が人間らしく生きていられるんだろうから。 だからこそ映画ぐらいは妄想に浸らせて下さい! とはいえ、本当に憧れるよなあ、コレ。仕事をする自分と遊ぶ自分、映画見る専門の自分とカミさんの相手をしてくれる自分、はたまた違う女の子と遊んでる自分(こちらが本物か?)等等、コピーがこんなにいたら少子化対策も万全だったりして(笑)。 だからボクのところにきてくれよ、ドラえも~ん!(泣)

1 ページ/1 ページ中