キングピン/ストライクへの道
3.6

/ 29

28%
21%
41%
3%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(8件)


  • aki********

    4.0

    ○こりゃ面白い!!

    ファレリーBros.の本作、てっきり「メリーに首ったけ」のあとに製作されたものと思ってました。出てくる俳優がかなり被っていたので、「メリー・・」の続編的、パロディ的なノリもあるのか、と。 でも、製作年度をみると本作が先で(1996)、2年後に「メリーに首ったけ」(1998)があるので、この作品があの大ヒットにつながっていったと理解した方が良さそうです。 アーミッシュをネタにしたオチが各所に散りばめられているので、相当にクレームもあったのか、とも思いましたが、 そもそもアーミッシュの方々はテレビも映画も見ないわなあ、とひとり合点してしまいました。 理解できたブラックなユーモアやオチは一部だったのでしょうが、大いに楽しめました。この監督、好きですね。

  • que********

    5.0

    キングピン ストライクへの道

     ウディ・ハレルソンからにじみ出てくる 人間味、哀愁がたまりませんね。 この映画は人生をよく表しています。 一時的に善良な人が恵まれない 事があるのですが、最後は善人が報われるような 映画でリアルな人生を包み隠さず描いていると思います。  落ち込んだときに最高の映画だと思います。

  • jun********

    2.0

    ノリが苦手

    ボーリングで敵に裏切られ、手が使い物にならなくなった若い男が、中年になって、才能のある男を見出し、ひと儲けしようとする話。 手を失った男はかわいそうすぎるけど、ノリが苦手な映画でした。。

  • pol********

    3.0

    ビル・マーレイをじっくり堪能!

    やっぱり人気ないんですね…この映画。 こういう映画が好きってここで宣言するのは数少ないファンを失う!?かもしれませんが… 「好きなんだからしょうがないんだもーん!!」とこの映画に対する私の愛を綴らせていただきます(笑) 「お気に入りの映画」に登録する時も 「こういうお洒落な映画を入れておけばみんなの関心を惹くかな?」 「俺ってこんな難しい映画もちゃんと作者の意図を理解して頭いいんだぜ!」 なんて思いながらついついそんなに「いい!」って思ってない映画も入れてませんか? そんないやらしい私なんです!! 本当に下品で悪趣味なこの映画は「お気に入り」に入れるのは躊躇しました… でもビル・マーレイが最高にいいんです!!! 無表情で佇んでるだけで面白い!! 最後のボーリング大会決勝のシーンは思い出しただけでも笑ってしまいます。 紳士的なチャンピオンというナレーションの後に、駆け寄るファンの乳を揉んだり(これまた無表情) 途中、チャンピオンとして恵まれない子どもたちに慈善事業をしていますというコマーシャルのいかがわしさ!! 決勝戦の終盤、どんどん隠していた「ハゲ」が露わになって、髪の毛が乱れてきてすごいヘヤースタイルに!!! どんな映画でも独特の間合いと空気なんですよね。 いるだけで面白いんですこの人!! この感覚…共有できる人いないかな?? どうか一度この映画を観てビルの怪演を味わってください!

  • hir********

    5.0

    爽やかな負け犬映画

    10年ぶりで、再見したけど、やっぱり傑作だわ、面白い。 ウッディハレルソン最高!惚れてしまうわ! ダメな奴らが、ダメなりに必死でもがくザマは、観ていて沁みるね。 これが生きるという事です。 希望溢れる坊ちゃん、嬢ちゃん こっち来て、この映画でも見なさい。 これが世の中、これが人生というものよ。

  • yap********

    4.0

    ついに見たぞ!

    5年探し続けたこの作品。やっと見つけたぞ。この監督の作品は全作見てるが彼ららしさがたっぷり見れる作品。大笑いするとこはなくとも、人間の気持ちよさを描く天才だ。 彼らはほとんどの作品に少し変わった人たちや身体障害者を良く使うが、これを差別と捕らえられがちだが、それは違うだろう。彼ら自身も持つ偏見をうまく面白く描く天才なのだ。

  • Muttu

    5.0

    ネタバレ『ビッグ・リボウスキ』好きは、ゼヒ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nna********

    3.0

    やっぱ、この監督のはまあ、この程度かあ

    そこそこ面白いけど、その場限りの軽いジョークだったりするから、余白が多いんだよね、コメディー好きに取っちゃあ。重ねて重ねて、落としてくれなきゃあー。 アーミッシュで思い出したのが『大富豪、大貧民』ティム・アレン、カースティー・アレイ(未だ巨大化してない)で、 都会人が、アーミッシュのコミュニティーに移り住む話なんだ。 ノーマン・ロックウェルの絵が好きな人に、お奨めのコメディー。 一体、ビル・マーレイ自体は、何処が面白いのか未だ謎だ。 せいぜい、思い起こせるのが 『おつむてんてんクリニック:What's about Bob』(リチャード・ドレイフィス共演)くらいだ。おもしろい。 こういう役での力の発揮はいいけど、他では、いつも、うーーーんちがうんだよなあ、路線が。 これだって、脚本の力だし。サタデーナイトライブといい、 彼の笑いは、わからないのだ、コメディアンではないからなのかあ? 『ロスト・イン・トラン・・』でも、設定にあってはないし、、 まああれは、どう見たって、ソフィア監督が、恋焦がれてた相手だった から、使われたって、DVDの特典を観たら確実だって 確認できたけどね。 ウディーいいですね、これ頭剃って臨んでいるみたいだけど。 2005年の『Prize winner of Defiance,Ohio』実話を基にした 一風変わった話と作り方をした映画の中で ジュリアン・ムーアと夫婦役をしてて、とっても 役に合っていて、Yahoo探しても、無かったのが、残念よ。 見る価値ありなんだけどな。 コーエンブラザーと比べちゃ、可愛そうよ。

1 ページ/1 ページ中