ここから本文です

キャット・ピープル (1942)

CAT PEOPLE

監督
ジャック・ターナー
  • みたいムービー 4
  • みたログ 33

3.40 / 評価:10件

猫族の悲劇

  • bar***** さん
  • 2018年10月11日 13時52分
  • 閲覧数 87
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

キャット・ピープル。

「猫族」という変身設定は、狼男と似ているが、描かれ方はまるで違う。

「猫族」の末裔であると信じている主人公の女は、キスをすることで自身が豹になると思い込み、夫と関係を深めることができず苦悩する。夫は新しい女と関係を作り、主人公はジレンマを作っていく。これはそういう心理劇でもある。

もともとの構想がB級映画だったのか、通常シーンのクオリティは低い。

ただストーリーは面白い。これはホラー映画でもあるのだが、心理的なホラーである。グロテスクな化け物は登場しない。また強烈な変身シーンもない。魔物を意味する象徴と、会話シーンによってほとんどが構成されている。

普通の男女の恋愛と、それを妨げる自身の出自は古典的な悲劇の特徴だ。そして主人公の女の強い葛藤、「猫族」のミステリアスな雰囲気、高まっていく不幸、そして結末。

古典的なルールに基づいて制作された怪奇映画だということができると思う。

ただ、やはり低予算で短期間のうちに制作された映画という印象が強く、オススメはしない。狙いは面白い。しかし、どちらかといえばがっかりさせられる要素の方が多いだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ