レビュー一覧に戻る
キャメロット

キャメロット

CAMELOT

182

man********

4.0

夫とその親友の間でゆれる女心ミュージカル

アーサー王は、賢者の石のダンブルドア先生が演じてます。そのリチャード・ハリスは02’に没。グエナビア姫はヴァネッサ・レッドグレーブ。ランスロットにフランコ・ネロ キャストに不足無し。 みごとなセットとオープンセットが45、素晴らしい衣裳が3500、それに合わせた無数の小道具。ふんだんな海外ロケ。平均点以上のミュージカル ナンバー。そして驚異のクローズアップが生きる芝居があります。 ☆はエクスカリバー81’を5としたら。 始まりは、グエナビアと出会った日を回想するアーサー。 グエナビア登場の歌、乙女のありきたりな夢理想の国‘CAMELOT’を歌うアーサー。 最強の騎士ランスロット登場、歌は‘CAMELOT’→‘C’est moi’。 愉快な5月を歌う、グエナビア。 ペリノア王、登場。歌無し。 グエナビア、あまりにもご立派なランスロットに会う。残酷な計画を立てる歌。 アーサー、ワガママな王妃の扱い方の歌。 この映画一のアクションシーン槍試合。 ランスロット、ブレーキが壊れた愛の歌。 モードレット登場。映画版は歌無し。その上カムランの戦いも無し。 アーサーとグエナビア、普通の人が困った時の歌。 この話は魔法使いマーリンがあまり出ない。ランスロットとグエナビア、思い出の歌。そしてクライマックス。 アーサーはつかの間の栄光‘CAMELOT’を歌い、映画は終わる。 歌う人がだんだん増えていく歌が無い。歌の終わりでグーとっカメラが引いていく歌も無い。けれども この映画はハリウッド大作の役目を充分はたしています。ジャック・L・ワーナーの退陣、短かったケネディ政権、歴史に埋もれた王国キャメロット。 やはり長い、観る前にお茶とお菓子を用意してください。 そしてレッドグレーブとフランコ・ネロは撮影から40年を経て結婚しました。

閲覧数706