ギャラクシー・オブ・テラー/恐怖の惑星

GALAXY OF TERROR/MINDWARP: AN INFINITY OF TERROR/PLANET OF HORRORS/QUEST

79
ギャラクシー・オブ・テラー/恐怖の惑星
2.1

/ 17

0%
6%
41%
12%
41%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(7件)

不気味33.3%セクシー11.1%泣ける11.1%恐怖11.1%不思議11.1%

  • rin********

    1.0

    カルト的人気を誇る

    って、うそうそ。 暗いシーンが多いだけが原因ではない見づらさで参る。 捜索隊員の衣装や唐突なセリフなど、突っ込みどころ満載、チープさ満載なので、見やすければ面白がって見続けるのだが、これは無理だった。 制作者はあのロジャー・コーマン。古い制作年度かと思えば、なんとあのエイリアンより2年くらい後の作品。とてもそうは思えない出来だが狙ってるのかも。

  • ara********

    1.0

    今見れば、ね。

    ★1です。 今見れば、見るべきところはないです。 なんで扉が開くのを止めるのに手裏剣使うのかとか、 なんで芋虫いんねんとか、 その芋虫に襲われたらギャーギャー(しかもけっこう醜いヒドイ声で) わめきながらなぜかあっという間に全裸になって(自分から脱いでるのか) なぜか(心臓発作でも?)死んでしまう女隊員。 (ちなみにこのシーンがマニアの間でけっこう話題、見所という) なんだか知らん惑星なのに誰もヘルメットすらしてないとか、 なんで死んでいる隊員見つけるとすぐ銃で焼いちゃうのとか、 とにかくツッコミどころ満載。 というかむしろ、それ以外の中身のなさに驚愕するくらいの映画です。 まあ、時代も時代なのでつくりは至ってチープですが、 やたらCG使いすぎの昨今のSFに比べればまだマシなのかも。 ただ、この作品、自分は小さいころ(ちょうど公開されたころですかね) 見て、グロテスクなシーンが怖くて怖くてというのが、 今も印象には残ってます。 当時は特撮技術を競うようにSF映画にやたらと取り入れてましたからね。 それなりにリアルで怖かったです。 知る人ぞ知るロバート・イングランド出演というところが 最大の話題でしょうか。 まあその辺も全てひっくるめて、しかし今再評価するなら、 やっぱり★1です。

  • osa********

    1.0

    ネタバレうん!良い駄作だ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ang********

    1.0

    ネタバレ完全ネタバレで怒ります。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mal********

    1.0

    気軽におススメはしませんよ。

    1981年の日本では劇場未公開のSF映画です。 制作ロジャー・コーマン、そして特殊効果に若き日のジェームス・キャメロンが絡んでいることでそれなりに有名な映画ですが、だからといって”お宝映画””珍品”あるいは”大物になる前の片鱗がうかがえる”なんて言葉で面白がることはできませんでした。 まあ、映画は好みが分かれて当然ですが、いや~本作は私にとってかなりの作品でした。 これ以上書くと、言葉も文章も荒れると思いますので、この辺でやめておきますが、好奇心と時間がある人は鑑賞なされば良いかと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ギャラクシー・オブ・テラー/恐怖の惑星

原題
GALAXY OF TERROR/MINDWARP: AN INFINITY OF TERROR/PLANET OF HORRORS/QUEST

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル